海外FX業者 ランキング

1位XM 2位GEMFOREX 3位TITANFXで決まりかな!

海外FX業者 おすすめ人気ランキング

  • 人気度・総合力で選ぶならXM
  • 信頼度・実績で選ぶならXM・タイタンFX
  • 入金ボーナスが大きいのはGEMFOREX
  • 新規口座開設ボーナス狙いはGEMFOREX・XM
  • 超ハイレバレッジ口座ならGEMFOREX・XM
  • スキャルピングに最適なのはタイタンFX

(※各社のスペックやボーナスは変更になる場合もあるので詳しくは公式HPにてご確認下さい。)

海外FX業者口座開設比較ランキング第1位 XMトレーディング
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社xmtradingXMトレーディング口座開設

最大レバレッジ888倍。口座種別はスタンダード・マイクロ・ゼロと3種類。ゼロはボーナス適用外のECN口座。入金ボーナス枠の関係で新規口座開設する場合はスタンダード・マイクロがお得。ほとんどの方は新規口座開設でスタンダードを選択されています。入金不要の新規口座開設ボーナス3000円で利益が出れば出金可能。入金ボーナス・トレードボーナスなど多彩なボーナスを用意してくれている。海外FXと言えばXMと言うくらいの断トツ1位の定番FX業者。金融ライセンス有(セーシェル金融庁)。顧客満足度ナンバーワン。総合的にバランスが良く多くのトレーダーから支持を得ている。海外FX初心者からベテラントレーダーまで人気の会社。海外FXデビューするならこの会社。

XM公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第2位 GEMFOREX(ゲムフォレックス)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社GEMFOREXゲムフォレックス口座開設

最高レバレッジは1000倍。システムトレードに特化した海外FX業者で順調に口座開設数を伸ばしている海外FX業者。ミラートレードが簡単に出来たりMTのEAシステムトレードソフトが無料で使えたりする。新規口座開設ボーナスはデフォルトで10000円のボーナス証拠金がもらえ、増額キャンペーンで20000円以上に増額されたりする。新規口座開設ボーナスを狙うのなら20000円に増額された時を狙うのがいいですね。入金100%ボーナスも高額(抽選制)。過去には500万円入金に対して100%ボーナスを付与したりした実績あり。海外FX業者の中では数少ない国内銀行入出金完全対応で入金も出金もスピーディーで時間がかからない。金融ライセンス有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」)。おすすめの1社。

GEMFOREX公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第3位 TitanFX(タイタンFX)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社TitanFXタイタンFX口座開設

最大レバレッジ500倍。口座種別はスタンダード口座ブレード口座があり、ブレード口座(ECN口座外枠手数料制)が業界最狭レベルのスプレッドを誇り取引コストが小さくスキャルピングに最適。中級・上級のベテランのスキャルパーには強い支持を受け人気。残念ながらボーナス等の特典はないが、それを度返ししてもメイン口座として利用する価値は大。金融ライセンス登録有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」),バヌアツ共和国金融庁「VFSC」)。

TitanFX公式サイト(口座開設)

FX

海外FX|FXを行なう際に…。

投稿日:

海外FX レバレッジ比較

FXの究極のセールスポイントはレバレッジに違いありませんが、きっちりと周知した上でレバレッジを掛けるというふうにしないと、正直言ってリスクを大きくする結果となります。
FXを行なう際に、日本以外の通貨を日本円で買いますと、金利差によるスワップポイントが与えられることになりますが、高い金利の通貨で低い通貨を買う際は、逆にスワップポイントを払う羽目になります。
実際的には、本番のトレード環境とデモトレード環境を比べますと、本番トレード環境の方が「一度のトレードあたり1pips位収入が減る」と想定していた方が正解でしょう。
スイングトレードを行なうことにすれば、どれ程短い期間だとしても数日間、長くなると数ヶ月にも亘るような戦略になるわけですから、毎日流れるニュースなどを参照しながら、数ヶ月単位の世界経済の状況を類推し投資することができるというわけです。
デイトレードと言いますのは、スキャルピングの売りと買いの時間的な間隔をそこそこ長めにしたもので、だいたい2~3時間から24時間以内に決済を済ませるトレードのことなのです。

FX会社毎に特徴があり、利点もあれば弱点もあるのが当たり前ですので、経験の浅い人は、「どういったFX業者でFX口座開設をしたらいいのか?」などと頭を悩ましてしまうと思われます。
スプレッドと申しますのは外貨を売る時と買う時の価格差のことで、FX会社にとっては利益となる売買手数料と同様なものですが、各社それぞれが独自にスプレッド幅を導入しているのです。
スキャルピングに関しましては、短い時間軸の値動きを利用するものなので、値動きがある程度あることと、「買い・売り」の回数がかなり多くなりますから、取引を行なう際のコストが少ない通貨ペアを対象にすることが肝要になってきます。
FXにおきましては、「外貨を売る」という状態から取引を始動することも可能ですが、このように外貨を有することなく「外貨を売却した状態」のことも、「ポジションを持っている」と言われるのです。
FX取引におきましては、「てこ」と同じように僅かな証拠金で、その何倍もの取り引きができるルールがあり、証拠金と本当の取り引き金額の倍率を「レバレッジ」と称するのです。

システムトレードと呼ばれるのは、人間の心情であるとか判断が入り込む余地がないようにするためのFX手法なのですが、そのルールを決定するのは人になるので、そのルールがずっと役立つということはあり得ないでしょう。
デモトレードをこれから始めるという段階では、FXにつきものの証拠金がデモ口座(仮想の口座)に、数十万~数百万円分仮想通貨として用意してもらえます。
スワップポイントと申しますのは、「金利の差額」であると考えていただいて構いませんが、本当にもらうことができるスワップポイントは、FX会社の儲けとなる手数料を減算した額になります。
方向性がはっきりしやすい時間帯を掴んで、そこで順張りをするというのがトレードに取り組む上での基本ではないでしょうか!?デイトレードは当然として、「機を見る」「自分が得意な相場の時だけ勝負する」というのは、どういったトレード法でやるにしても忘れてはならないポイントです。
FX取引を行なう中で、最も取り組まれている取引スタイルだと思われるのが「デイトレード」です。その日その日で確保できる利益を手堅くものにするというのが、このトレードの特徴になります。

FX 人気ランキング

-FX

Copyright© 海外FX業者 ランキング , 2019 All Rights Reserved.