海外FX業者 ランキング

1位XM 2位GEMFOREX 3位TITANFXで決まりかな!

海外FX業者 おすすめ人気ランキング

  • 人気度・総合力で選ぶならXM
  • 信頼度・実績で選ぶならXM・タイタンFX
  • 入金ボーナスが大きいのはGEMFOREX
  • 新規口座開設ボーナス狙いはGEMFOREX・XM
  • 超ハイレバレッジ口座ならGEMFOREX・XM
  • スキャルピングに最適なのはタイタンFX

(※各社のスペックやボーナスは変更になる場合もあるので詳しくは公式HPにてご確認下さい。)

海外FX業者口座開設比較ランキング第1位 XMトレーディング
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社xmtradingXMトレーディング口座開設

最大レバレッジ888倍。口座種別はスタンダード・マイクロ・ゼロと3種類。ゼロはボーナス適用外のECN口座。入金ボーナス枠の関係で新規口座開設する場合はスタンダード・マイクロがお得。ほとんどの方は新規口座開設でスタンダードを選択されています。入金不要の新規口座開設ボーナス3000円で利益が出れば出金可能。入金ボーナス・トレードボーナスなど多彩なボーナスを用意してくれている。海外FXと言えばXMと言うくらいの断トツ1位の定番FX業者。金融ライセンス有(セーシェル金融庁)。顧客満足度ナンバーワン。総合的にバランスが良く多くのトレーダーから支持を得ている。海外FX初心者からベテラントレーダーまで人気の会社。海外FXデビューするならこの会社。

XM公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第2位 GEMFOREX(ゲムフォレックス)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社GEMFOREXゲムフォレックス口座開設

最高レバレッジは1000倍。システムトレードに特化した海外FX業者で順調に口座開設数を伸ばしている海外FX業者。ミラートレードが簡単に出来たりMTのEAシステムトレードソフトが無料で使えたりする。新規口座開設ボーナスはデフォルトで10000円のボーナス証拠金がもらえ、増額キャンペーンで20000円以上に増額されたりする。新規口座開設ボーナスを狙うのなら20000円に増額された時を狙うのがいいですね。入金100%ボーナスも高額(抽選制)。過去には500万円入金に対して100%ボーナスを付与したりした実績あり。海外FX業者の中では数少ない国内銀行入出金完全対応で入金も出金もスピーディーで時間がかからない。金融ライセンス有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」)。おすすめの1社。

GEMFOREX公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第3位 TitanFX(タイタンFX)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社TitanFXタイタンFX口座開設

最大レバレッジ500倍。口座種別はスタンダード口座ブレード口座があり、ブレード口座(ECN口座外枠手数料制)が業界最狭レベルのスプレッドを誇り取引コストが小さくスキャルピングに最適。中級・上級のベテランのスキャルパーには強い支持を受け人気。残念ながらボーナス等の特典はないが、それを度返ししてもメイン口座として利用する価値は大。金融ライセンス登録有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」),バヌアツ共和国金融庁「VFSC」)。

TitanFX公式サイト(口座開設)

FX

海外FX|スプレッドと言いますのは外貨の買い値と売り値の差のことで…。

投稿日:

海外FX レバレッジ比較

海外FX口座開設をする時の審査は、学生であるとか専業主婦でも通っていますから、過度の心配は要らないとお伝えしておきますが、入力事項にある「投資の目的」とか「投資歴」などは、確実に注視されます。
小さな額の証拠金によって大きな「売り・買い」が許されるレバレッジではありますが、イメージしている通りに値が変動すればそれ相応の利益を手にできますが、反対の場合は大きな損失を被ることになるわけです。
スプレッド(≒手数料)は、それ以外の金融商品と比べましても、驚くほど低額です。現実的なことを言いますが、株式投資などは100万円以上の「売り・買い」をすると、1000円前後は売買手数料を支払う羽目になります。
大体の海外FX会社が仮想通貨を用いてのデモトレード(仮想売買)環境を用意してくれています。本物のお金を使わないでデモトレード(仮想トレード)ができるので、とにかくトライしてみてください。
海外FXが老若男女を問わず瞬く間に知れ渡った主因が、売買手数料の安さに他なりません。あなたが海外FXビギナーなら、スプレッドの低い海外FX会社を選定することも大切だと言えます。

海外FXシステムトレードでは、自動売買プログラムの通りにテクニカルポイントが巡ってきた時に、システムが間違いなく「売り」と「買い」を行なってくれるのです。とは言っても、自動売買プログラムについては投資する人自身が選択します。
レバレッジというのは、FXに勤しむ中で毎回使用されるシステムになりますが、元手以上のトレードができますから、少しの証拠金で貪欲に儲けることも可能だというわけです。
海外FXシステムトレードでも、新規に「買い」を入れるという状況で、証拠金余力が必要となる証拠金額より少ない場合は、新規に注文を入れることは許されていません。
スキャルピングとは、1分もかけないで薄利をストックしていく超短期取引のことで、テクニカル指標やチャートに基づいて売買をするというものなのです。
スプレッドと言いますのは外貨の買い値と売り値の差のことで、FX会社の実利になる売買手数料に近いものですが、海外FX会社各々が個別にスプレッド幅を導入しているのです。

申し込みにつきましては、業者が開設している専用HPの海外FX口座開設ページを通じて20分位でできるようになっています。申込フォームへの入力が完了しましたら、必要書類を郵送とかFAXなどで送付し審査を待つことになります。
スキャルピングの実施方法は様々ありますが、いずれもファンダメンタルズのことはスルーして、テクニカル指標だけを利用して実施しています。
海外FXをやる時に、我が国以外の通貨を日本円で買うと、金利差に従いスワップポイントが付与されることになりますが、金利が高く設定されている通貨で低い通貨を買うという場合は、全く反対でスワップポイントを徴収されます。
FX会社の利益はスプレッドから生み出されるわけですが、例えて言うと香港ドルと日本円の「売り買い」の場合、FX会社はゲストに向けて、その通貨の買いと売りの為替レートを適用するのです。
スキャルピングというのは、1取り引きで数銭から数十銭ほどのごく僅かな利幅を追っ掛け、毎日毎日連続して取引を実施して薄利をストックし続ける、一つの取り引き手法です。

海外FX 口座開設 比較ランキング

-FX

Copyright© 海外FX業者 ランキング , 2019 All Rights Reserved.