海外FX業者 ランキング

1位XM 2位GEMFOREX 3位TITANFXで決まりかな!

海外FX業者 おすすめ人気ランキング

  • 人気度・総合力で選ぶならXM
  • 信頼度・実績で選ぶならXM・タイタンFX
  • 入金ボーナスが大きいのはGEMFOREX
  • 新規口座開設ボーナス狙いはGEMFOREX・XM
  • 超ハイレバレッジ口座ならGEMFOREX・XM
  • スキャルピングに最適なのはタイタンFX

(※各社のスペックやボーナスは変更になる場合もあるので詳しくは公式HPにてご確認下さい。)

海外FX業者口座開設比較ランキング第1位 XMトレーディング
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社xmtradingXMトレーディング口座開設

最大レバレッジ888倍。口座種別はスタンダード・マイクロ・ゼロと3種類。ゼロはボーナス適用外のECN口座。入金ボーナス枠の関係で新規口座開設する場合はスタンダード・マイクロがお得。ほとんどの方は新規口座開設でスタンダードを選択されています。入金不要の新規口座開設ボーナス3000円で利益が出れば出金可能。入金ボーナス・トレードボーナスなど多彩なボーナスを用意してくれている。海外FXと言えばXMと言うくらいの断トツ1位の定番FX業者。金融ライセンス有(セーシェル金融庁)。顧客満足度ナンバーワン。総合的にバランスが良く多くのトレーダーから支持を得ている。海外FX初心者からベテラントレーダーまで人気の会社。海外FXデビューするならこの会社。

XM公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第2位 GEMFOREX(ゲムフォレックス)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社GEMFOREXゲムフォレックス口座開設

最高レバレッジは1000倍。システムトレードに特化した海外FX業者で順調に口座開設数を伸ばしている海外FX業者。ミラートレードが簡単に出来たりMTのEAシステムトレードソフトが無料で使えたりする。新規口座開設ボーナスはデフォルトで10000円のボーナス証拠金がもらえ、増額キャンペーンで20000円以上に増額されたりする。新規口座開設ボーナスを狙うのなら20000円に増額された時を狙うのがいいですね。入金100%ボーナスも高額(抽選制)。過去には500万円入金に対して100%ボーナスを付与したりした実績あり。海外FX業者の中では数少ない国内銀行入出金完全対応で入金も出金もスピーディーで時間がかからない。金融ライセンス有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」)。おすすめの1社。

GEMFOREX公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第3位 TitanFX(タイタンFX)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社TitanFXタイタンFX口座開設

最大レバレッジ500倍。口座種別はスタンダード口座ブレード口座があり、ブレード口座(ECN口座外枠手数料制)が業界最狭レベルのスプレッドを誇り取引コストが小さくスキャルピングに最適。中級・上級のベテランのスキャルパーには強い支持を受け人気。残念ながらボーナス等の特典はないが、それを度返ししてもメイン口座として利用する価値は大。金融ライセンス登録有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」),バヌアツ共和国金融庁「VFSC」)。

TitanFX公式サイト(口座開設)

FX

海外FX|海外FX口座開設の申し込みを終え…。

投稿日:

人気の海外FXランキング

海外FX固有のポジションというのは、担保的な役割をする証拠金を入金して、英国ポンド/円などの通貨ペアを買ったり売ったりすることを意味するわけです。ついでに言いますと、外貨預金にはポジションという考え方は存在しておりません。
MT4が使いやすいという理由の1つが、チャート画面から直接注文を入れることが可能だということです。チャートの変動なんかを見ている時に、そのチャートを右クリックしたら、注文画面が開くようになっています。
海外FX口座開設の申し込みを終え、審査にパスしたら「ログインIDとパスワード」が簡易書留などで郵送されてくるというのが通常の流れですが、何社かの海外FX会社は電話を通して「必要事項確認」をしているそうです。
海外FX会社を比較したいなら、確認してほしいのは、取引条件ですね。海外FX会社個々に「スワップ金利」などの条件が違っているので、あなたの投資スタイルにマッチする海外FX会社を、入念に比較した上で選定してください。
MT4にて稼働する自動トレードソフト(EA)の考案者はいろんな国に存在しており、今あるEAの運用状況であるとかリクエストなどを頭に入れながら、より便利な自動売買ソフトの開発製造に頑張っています。

FX取引の場合は、「てこ」と同じように低額の証拠金で、その額の何倍という取り引きが許されており、証拠金と事実上の取り引き金額の比率を「レバレッジ」と称するのです。
チャートの変化を分析して、売り時と買い時の決断を下すことをテクニカル分析と称するわけですが、この分析ができるようになったら、売買すべき時期も理解できるようになること請け合いです。
「デモトレードをいくらやろうとも、現実に損失が出ることがないので、気持ちの上での経験を積むことは困難だと言える。」、「自分のお金で売買をやってこそ、初めて経験が積めるのだ!」と言われることが多いです。
テクニカル分析と言いますのは、為替の変動をチャートという形式で記録して、更にはそのチャートをベースに、近い将来の相場の値動きを予想するという手法になります。このテクニカル分析は、いつ売買すべきかを把握する時に役に立ちます。
スイングトレードに取り組むときの留意点として、パソコンの売買画面に目をやっていない時などに、急に大きな変動などが生じた場合に対処できるように、始める前に対策を講じておかないと、大きな損害を被ります。

海外FXシステムトレードに関しても、新規に発注するという状況の時に、証拠金余力が必要とされる証拠金の額以上ないという状況ですと、新たに「売り・買い」を入れることは不可能となっています。
スプレッドと申しますのは、海外FX会社各々異なっており、投資する人が海外FXで勝つためには、買いのレートと売りのレートの差が僅かである方が有利に働きますから、この点を前提に海外FX会社を1つに絞ることが大事だと考えます。
スイングトレードの良い所は、「365日PCの売買画面の前に居座ったままで、為替レートの変動に一喜一憂しなくて良い」というところで、会社員にうってつけのトレード手法だと言えると思います。
海外FXシステムトレードに関しては、人間の感覚とか判断をオミットするための海外FX手法ではありますが、そのルールを企図するのは人というわけですから、そのルールが永遠に使えるということは考えられません。
スプレッドと言われるのは外貨の売り値と買い値の差のことで、FX会社にとっては利益になる売買手数料の一種で、各社それぞれが独自にスプレッド幅を決定しているのです。

FX人気比較 業者ランキング

-FX

Copyright© 海外FX業者 ランキング , 2019 All Rights Reserved.