海外FX業者 ランキング

1位XM 2位GEMFOREX 3位TITANFXで決まりかな!

海外FX業者 おすすめ人気ランキング

  • 人気度・総合力で選ぶならXM
  • 信頼度・実績で選ぶならXM・タイタンFX
  • 入金ボーナスが大きいのはGEMFOREX
  • 新規口座開設ボーナス狙いはGEMFOREX・XM
  • 超ハイレバレッジ口座ならGEMFOREX・XM
  • スキャルピングに最適なのはタイタンFX

(※各社のスペックやボーナスは変更になる場合もあるので詳しくは公式HPにてご確認下さい。)

海外FX業者口座開設比較ランキング第1位 XMトレーディング
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社xmtradingXMトレーディング口座開設

最大レバレッジ888倍。口座種別はスタンダード・マイクロ・ゼロと3種類。ゼロはボーナス適用外のECN口座。入金ボーナス枠の関係で新規口座開設する場合はスタンダード・マイクロがお得。ほとんどの方は新規口座開設でスタンダードを選択されています。入金不要の新規口座開設ボーナス3000円で利益が出れば出金可能。入金ボーナス・トレードボーナスなど多彩なボーナスを用意してくれている。海外FXと言えばXMと言うくらいの断トツ1位の定番FX業者。金融ライセンス有(セーシェル金融庁)。顧客満足度ナンバーワン。総合的にバランスが良く多くのトレーダーから支持を得ている。海外FX初心者からベテラントレーダーまで人気の会社。海外FXデビューするならこの会社。

XM公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第2位 GEMFOREX(ゲムフォレックス)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社GEMFOREXゲムフォレックス口座開設

最高レバレッジは1000倍。システムトレードに特化した海外FX業者で順調に口座開設数を伸ばしている海外FX業者。ミラートレードが簡単に出来たりMTのEAシステムトレードソフトが無料で使えたりする。新規口座開設ボーナスはデフォルトで10000円のボーナス証拠金がもらえ、増額キャンペーンで20000円以上に増額されたりする。新規口座開設ボーナスを狙うのなら20000円に増額された時を狙うのがいいですね。入金100%ボーナスも高額(抽選制)。過去には500万円入金に対して100%ボーナスを付与したりした実績あり。海外FX業者の中では数少ない国内銀行入出金完全対応で入金も出金もスピーディーで時間がかからない。金融ライセンス有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」)。おすすめの1社。

GEMFOREX公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第3位 TitanFX(タイタンFX)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社TitanFXタイタンFX口座開設

最大レバレッジ500倍。口座種別はスタンダード口座ブレード口座があり、ブレード口座(ECN口座外枠手数料制)が業界最狭レベルのスプレッドを誇り取引コストが小さくスキャルピングに最適。中級・上級のベテランのスキャルパーには強い支持を受け人気。残念ながらボーナス等の特典はないが、それを度返ししてもメイン口座として利用する価値は大。金融ライセンス登録有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」),バヌアツ共和国金融庁「VFSC」)。

TitanFX公式サイト(口座開設)

FX

海外FX|海外FX口座開設に関しての審査に関しては…。

投稿日:

海外FX ボーナスキャンペーン情報

「売り・買い」については、すべてひとりでに実施される海外FXシステムトレードですが、システムの適正化は時折行なうことが大事で、そのためには相場観をものにすることが重要になります。
海外FX口座開設に関しての審査に関しては、主婦や大学生でも通っていますから、度が過ぎる心配は不必要だと言い切れますが、入力事項にある「投資の目的」だったり「投資経験」等は、一律的にチェックを入れられます。
スキャルピングと言われるのは、1取り引きで1円にも達しない少ない利幅を目論み、連日物凄い回数の取引を行なって利益を積み増す、非常に短期的なトレード手法になります。
日計りトレードと言いますのは、1日ポジションを保有するというトレードだと思われるかもしれませんが、実際のところはニューヨークマーケットが手仕舞いされる前に決済を行なってしまうというトレードのことです。
スキャルピングは、ごく短時間の値動きを繰り返し利用する取引ですので、値動きがある程度あることと、「買い」と「売り」の回数が増えますから、取引を行なうサイト経費が小さい通貨ペアを対象にすることが重要だと言えます。

テクニカル分析の方法としては、大きく分けて2通りあります。チャートに描かれた内容を「人間が自分の目と経験で分析する」というものと、「コンピューターが独自に分析する」というものです。
スイングトレードと言われるのは、トレードを行なうその日のトレンドが影響を及ぼす短期売買とは全く異なり、「ここ数日~数ヶ月相場がどの様な動きをしてきたか?」といった分析が大きく影響するトレード方法です。
レバレッジというのは、FXを行なう中で当然のように使用されることになるシステムだと言えますが、持ち金以上の売買が可能ですから、僅かな額の証拠金ですごい利益を生み出すことも不可能ではないのです。
申し込みを行なう場合は、業者の公式ウェブサイトの海外FX口座開設ページを介して20分前後の時間があれば完了するでしょう。申し込みフォームに入力した後、必要書類をFAXなどを使って送付し審査結果を待つという手順になります。
海外FXで言われるポジションとは、ある程度の証拠金を送金して、香港ドル/円などの通貨ペアを売買することを言うわけです。なお外貨預金にはポジションという考え方はありません。

海外FXを行なう時に、国外の通貨を日本円で買うと、金利差によるスワップポイントが与えられますが、金利が高い通貨で低い通貨を買うといった時は、逆にスワップポイントを支払う必要があります。
チャートの時系列的値動きを分析して、売買時期の決断をすることをテクニカル分析と呼ぶわけですが、この分析ができるようになったら、「売り買い」するベストタイミングも自然とわかってくるはずです。
デモトレードを実施するのは、大体海外FX初心者だと考えることが多いようですが、海外FXの達人と言われる人も自発的にデモトレードをやることがあると聞いています。例えば新しいトレード手法の検証の為です。
売りポジションと買いポジションを一緒に保持すると、円安・円高のいずれに振れたとしても収益を狙うことが可能だと言えますが、リスク管理の点から言うと、2倍神経を遣う必要に迫られます。
スプレッドと言われるのは外貨を売買する時の価格差のことで、FX会社の収入となる売買手数料とも考えられるものですが、各社のマーケット戦略に従って独自にスプレッド幅を設定しています。

海外 FX 比較ランキング

-FX

Copyright© 海外FX業者 ランキング , 2019 All Rights Reserved.