海外FX業者 ランキング

1位XM 2位GEMFOREX 3位TITANFXで決まりかな!

海外FX業者 おすすめ人気ランキング

  • 人気度・総合力で選ぶならXM
  • 信頼度・実績で選ぶならXM・タイタンFX
  • 入金ボーナスが大きいのはGEMFOREX
  • 新規口座開設ボーナス狙いはGEMFOREX・XM
  • 超ハイレバレッジ口座ならGEMFOREX・XM
  • スキャルピングに最適なのはタイタンFX

(※各社のスペックやボーナスは変更になる場合もあるので詳しくは公式HPにてご確認下さい。)

海外FX業者口座開設比較ランキング第1位 XMトレーディング
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社xmtradingXMトレーディング口座開設

最大レバレッジ888倍。口座種別はスタンダード・マイクロ・ゼロと3種類。ゼロはボーナス適用外のECN口座。入金ボーナス枠の関係で新規口座開設する場合はスタンダード・マイクロがお得。ほとんどの方は新規口座開設でスタンダードを選択されています。入金不要の新規口座開設ボーナス3000円で利益が出れば出金可能。入金ボーナス・トレードボーナスなど多彩なボーナスを用意してくれている。海外FXと言えばXMと言うくらいの断トツ1位の定番FX業者。金融ライセンス有(セーシェル金融庁)。顧客満足度ナンバーワン。総合的にバランスが良く多くのトレーダーから支持を得ている。海外FX初心者からベテラントレーダーまで人気の会社。海外FXデビューするならこの会社。

XM公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第2位 GEMFOREX(ゲムフォレックス)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社GEMFOREXゲムフォレックス口座開設

最高レバレッジは1000倍。システムトレードに特化した海外FX業者で順調に口座開設数を伸ばしている海外FX業者。ミラートレードが簡単に出来たりMTのEAシステムトレードソフトが無料で使えたりする。新規口座開設ボーナスはデフォルトで10000円のボーナス証拠金がもらえ、増額キャンペーンで20000円以上に増額されたりする。新規口座開設ボーナスを狙うのなら20000円に増額された時を狙うのがいいですね。入金100%ボーナスも高額(抽選制)。過去には500万円入金に対して100%ボーナスを付与したりした実績あり。海外FX業者の中では数少ない国内銀行入出金完全対応で入金も出金もスピーディーで時間がかからない。金融ライセンス有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」)。おすすめの1社。

GEMFOREX公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第3位 TitanFX(タイタンFX)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社TitanFXタイタンFX口座開設

最大レバレッジ500倍。口座種別はスタンダード口座ブレード口座があり、ブレード口座(ECN口座外枠手数料制)が業界最狭レベルのスプレッドを誇り取引コストが小さくスキャルピングに最適。中級・上級のベテランのスキャルパーには強い支持を受け人気。残念ながらボーナス等の特典はないが、それを度返ししてもメイン口座として利用する価値は大。金融ライセンス登録有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」),バヌアツ共和国金融庁「VFSC」)。

TitanFX公式サイト(口座開設)

FX

海外FX|テクニカル分析をする時は…。

投稿日:

海外 FX 比較ランキング

FX口座開設をする場合の審査につきましては、専業主婦だったり大学生でもパスしていますから、度を越した心配をすることは不要ですが、重要事項である「投資経験」とか「資産状況」等は、確実にマークされます。
レバレッジについては、FXに取り組む中でごく自然に活用されているシステムだと思いますが、実際の資金以上のトレードが可能だということで、少しの証拠金ですごい利益を生み出すことも不可能ではないのです。
FXに関しての個人対象のレバレッジ倍率は、従来までは最高が50倍だったことを思い起こせば、「現代の最高25倍は高くない」と考えている人が存在するのも理解できなくはないですが、この25倍でも十二分な収益をあげることが可能です。
デモトレードと言いますのは、バーチャル通貨でトレードを体験することを言います。300万円など、ご自身で決定した架空の資金が入ったデモ口座が開設でき、本番と同様の状態でトレード練習ができるというわけです。
少ない金額の証拠金によって大きなトレードができるレバレッジではありますが、望んでいる通りに値が進んでくれればそれ相応の利益を手にできますが、反対の場合はかなりの損失を出すことになるのです。

スイングトレードをする場合に気を付けてほしいのですが、売買画面を見ていない時などに、気付かないうちに大変動などが発生した場合に対応できるように、スタートする前に対策を打っておきませんと、本当に後悔することになるかもしれません。
日本の銀行と比較して、海外の銀行金利の方が高いというわけで、スワップ金利が付与されることになっているのです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、FXをすると付与されるスワップ金利というわけです。
スキャルピングとは、ほんの僅かな時間で僅かな利益をゲットしていく超短期取引のことで、テクニカル指標又はチャートを読み取りながらトレードをするというものです。
スワップポイントに関しましては、ポジションを続けた日数分もらうことが可能です。日々ある時間にポジションをキープした状態だと、その時点でスワップポイントが貰えるようになっています。
スプレッドと言われるのは、売買における「買値と売値の差」のことです。このスプレッドこそがFX会社を利用する時の経費だと言え、FX会社それぞれで提示している金額が違うのです。

この頃は、どこのFX会社も売買手数料は無料ですが、その代わりのものとしてスプレッドがあり、そのスプレッドというものが現実的なFX会社の利益なのです。
テクニカル分析をする時は、通常ローソク足を時間単位で配置したチャートを使用することになります。初めて目にする方にとっては複雑そうですが、確実に解読できるようになると、手放せなくなるはずです。
システムトレードにおきましては、自動売買プログラムによりテクニカルポイントが巡ってきた時に、システムがオートマチックに買ったり売ったりをします。しかしながら、自動売買プログラムにつきましては使用者が選ばなくてはなりません。
こちらのサイトにおいて、手数料であるとかスプレッドなどを勘定に入れた合算コストにてFX会社を比較した一覧表を見ることができます。言うまでもないことですが、コストと言いますのは利益を圧縮しますので、細心の注意を払って調査することが重要だと言えます。
スキャルピングを行なう場合は、少しの値動きで欲張らずに利益をあげるというメンタリティが必要不可欠です。「まだまだ上がる等と考えることはしないこと」、「欲張ることをしないこと」が肝要です。

海外FX人気口座 比較ランキング

-FX

Copyright© 海外FX業者 ランキング , 2019 All Rights Reserved.