海外FX業者 ランキング

1位XM 2位GEMFOREX 3位TITANFXで決まりかな!

海外FX業者 おすすめ人気ランキング

  • 人気度・総合力で選ぶならXM
  • 信頼度・実績で選ぶならXM・タイタンFX
  • 入金ボーナスが大きいのはGEMFOREX
  • 新規口座開設ボーナス狙いはGEMFOREX・XM
  • 超ハイレバレッジ口座ならGEMFOREX・XM
  • スキャルピングに最適なのはタイタンFX

(※各社のスペックやボーナスは変更になる場合もあるので詳しくは公式HPにてご確認下さい。)

海外FX業者口座開設比較ランキング第1位 XMトレーディング
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社xmtradingXMトレーディング口座開設

最大レバレッジ888倍。口座種別はスタンダード・マイクロ・ゼロと3種類。ゼロはボーナス適用外のECN口座。入金ボーナス枠の関係で新規口座開設する場合はスタンダード・マイクロがお得。ほとんどの方は新規口座開設でスタンダードを選択されています。入金不要の新規口座開設ボーナス3000円で利益が出れば出金可能。入金ボーナス・トレードボーナスなど多彩なボーナスを用意してくれている。海外FXと言えばXMと言うくらいの断トツ1位の定番FX業者。金融ライセンス有(セーシェル金融庁)。顧客満足度ナンバーワン。総合的にバランスが良く多くのトレーダーから支持を得ている。海外FX初心者からベテラントレーダーまで人気の会社。海外FXデビューするならこの会社。

XM公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第2位 GEMFOREX(ゲムフォレックス)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社GEMFOREXゲムフォレックス口座開設

最高レバレッジは1000倍。システムトレードに特化した海外FX業者で順調に口座開設数を伸ばしている海外FX業者。ミラートレードが簡単に出来たりMTのEAシステムトレードソフトが無料で使えたりする。新規口座開設ボーナスはデフォルトで10000円のボーナス証拠金がもらえ、増額キャンペーンで20000円以上に増額されたりする。新規口座開設ボーナスを狙うのなら20000円に増額された時を狙うのがいいですね。入金100%ボーナスも高額(抽選制)。過去には500万円入金に対して100%ボーナスを付与したりした実績あり。海外FX業者の中では数少ない国内銀行入出金完全対応で入金も出金もスピーディーで時間がかからない。金融ライセンス有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」)。おすすめの1社。

GEMFOREX公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第3位 TitanFX(タイタンFX)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社TitanFXタイタンFX口座開設

最大レバレッジ500倍。口座種別はスタンダード口座ブレード口座があり、ブレード口座(ECN口座外枠手数料制)が業界最狭レベルのスプレッドを誇り取引コストが小さくスキャルピングに最適。中級・上級のベテランのスキャルパーには強い支持を受け人気。残念ながらボーナス等の特典はないが、それを度返ししてもメイン口座として利用する価値は大。金融ライセンス登録有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」),バヌアツ共和国金融庁「VFSC」)。

TitanFX公式サイト(口座開設)

FX

海外FX|トレードの稼ぎ方として…。

投稿日:

FX 比較サイト

知人などは重点的に日計りトレードで売買を行なってきたのですが、このところはより儲けの大きい海外スイングトレードを採用して取り引きしているというのが現状です。
取り引きについては、100パーセント自動で完結する海外FXシステムトレードですが、システムの微調整や見直しは常日頃から行なうことが必要で、その為には相場観を有することが必要不可欠です。
海外FX取引初心者の人でしたら、無理であろうと思われるテクニカル分析ではありますが、チャートの重要ポイントとなるパターンさえ掴んでしまえば、値動きの予測が非常に容易になると思います。
海外FXアカウント開設の申し込み手続きを済ませ、審査が通れば「ログイン用のIDとPW」が簡易書留郵便などで届くというのが基本的な流れですが、若干の海外FX会社はTELを介して「内容確認」をしています。
海外FX会社と申しますのは、各社共に特徴があり、メリットもあればデメリットもあるのが常識なので、初心者の人は、「いずれの海外FX業者で海外FXアカウント開設した方が賢明か?」などと頭を抱えてしまうのが普通です。

海外FX取引のやり方も諸々ありますが、最も実践している人が多い取引スタイルだと考えられるのが「日計りトレード」なのです。1日というスパンで確保できる利益を安全にものにするというのが、この取引スタイルだと言えます。
このウェブページでは、スプレッドとか手数料などを加味したトータルコストで海外FX会社を比較した一覧を閲覧することができます。無論コストにつきましては収益に影響を及ぼしますから、十分に精査することが肝心だと思います。
トレードの稼ぎ方として、「一方向に変動する時間帯に、僅かでもいいから利益を何が何でもあげよう」というのがスキャルピングというトレード法なのです。
スプレッド(≒手数料)に関しては、その辺の金融商品と比べると、ビックリするくらい安いです。正直なところ、株式投資の場合だと100万円以上の「売り買い」をすれば、1000円位は売買手数料を支払う羽目になります。
海外FXで使われるポジションと申しますのは、それなりの証拠金を送金して、スイスフラン/円などの通貨ペアを買ったり売ったりすることを意味するわけです。ついでに言うと、外貨預金には「ポジション」というコンセプトはありません。

海外スイングトレードを行なう場合、トレード画面を見ていない時などに、気付かないうちに考えられないような暴落などが生じた場合に対応できるように、事前に何らかの策を講じておきませんと、大損失を被ります。
FX会社が得る収益はスプレッドが齎しているのですが、例えて言うと香港ドルと日本円の売買をする場合、FX会社はゲストに向けて、その通貨の購入時と売却時の為替レートを適用することになります。
スキャルピングに関しては、短い時間の値動きを利用して取引を繰り返しますので、値動きがある程度あることと、「売り・買い」の回数が増えますから、取引をする上での必要経費が小さい通貨ペアを選択することが大切だと言えます。
スキャルピングとは、短い時間で数銭~数十銭という利益を積み増していく超短期トレードのことで、チャートないしはテクニカル指標を活用して売買をするというものなのです。
スプレッドに関しましては、海外FX会社により大きく異なり、トレーダーが海外FXで儲けるためには、買いのレートと売りのレートの差が僅かであるほど有利だと言えますから、それを勘案して海外FX会社をセレクトすることが大事になってきます。

海外FX 比較サイト

-FX

Copyright© 海外FX業者 ランキング , 2019 All Rights Reserved.