海外FX業者 ランキング

1位XM 2位GEMFOREX 3位TITANFXで決まりかな!

海外FX業者 おすすめ人気ランキング

  • 人気度・総合力で選ぶならXM
  • 信頼度・実績で選ぶならXM・タイタンFX
  • 入金ボーナスが大きいのはGEMFOREX
  • 新規口座開設ボーナス狙いはGEMFOREX・XM
  • 超ハイレバレッジ口座ならGEMFOREX・XM
  • スキャルピングに最適なのはタイタンFX

(※各社のスペックやボーナスは変更になる場合もあるので詳しくは公式HPにてご確認下さい。)

海外FX業者口座開設比較ランキング第1位 XMトレーディング
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社xmtradingXMトレーディング口座開設

最大レバレッジ888倍。口座種別はスタンダード・マイクロ・ゼロと3種類。ゼロはボーナス適用外のECN口座。入金ボーナス枠の関係で新規口座開設する場合はスタンダード・マイクロがお得。ほとんどの方は新規口座開設でスタンダードを選択されています。入金不要の新規口座開設ボーナス3000円で利益が出れば出金可能。入金ボーナス・トレードボーナスなど多彩なボーナスを用意してくれている。海外FXと言えばXMと言うくらいの断トツ1位の定番FX業者。金融ライセンス有(セーシェル金融庁)。顧客満足度ナンバーワン。総合的にバランスが良く多くのトレーダーから支持を得ている。海外FX初心者からベテラントレーダーまで人気の会社。海外FXデビューするならこの会社。

XM公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第2位 GEMFOREX(ゲムフォレックス)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社GEMFOREXゲムフォレックス口座開設

最高レバレッジは1000倍。システムトレードに特化した海外FX業者で順調に口座開設数を伸ばしている海外FX業者。ミラートレードが簡単に出来たりMTのEAシステムトレードソフトが無料で使えたりする。新規口座開設ボーナスはデフォルトで10000円のボーナス証拠金がもらえ、増額キャンペーンで20000円以上に増額されたりする。新規口座開設ボーナスを狙うのなら20000円に増額された時を狙うのがいいですね。入金100%ボーナスも高額(抽選制)。過去には500万円入金に対して100%ボーナスを付与したりした実績あり。海外FX業者の中では数少ない国内銀行入出金完全対応で入金も出金もスピーディーで時間がかからない。金融ライセンス有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」)。おすすめの1社。

GEMFOREX公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第3位 TitanFX(タイタンFX)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社TitanFXタイタンFX口座開設

最大レバレッジ500倍。口座種別はスタンダード口座ブレード口座があり、ブレード口座(ECN口座外枠手数料制)が業界最狭レベルのスプレッドを誇り取引コストが小さくスキャルピングに最適。中級・上級のベテランのスキャルパーには強い支持を受け人気。残念ながらボーナス等の特典はないが、それを度返ししてもメイン口座として利用する価値は大。金融ライセンス登録有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」),バヌアツ共和国金融庁「VFSC」)。

TitanFX公式サイト(口座開設)

FX

海外FX|「売り・買い」に関しては…。

投稿日:

海外FX会社 比較おすすめランキング

為替の動きを予想する為に欠かせないのが、ファンダメンタル分析とテクニカル分析ですが、より大切だと言われているのは「チャートの変動に目を付けて、将来の為替の進捗を予想する」テクニカル分析の方だと断言します。
「仕事の関係で連日チャートに目を通すなんてできない」、「為替に影響を及ぼす経済指標などを直ぐにチェックできない」とおっしゃる方でも、スイングトレードを行なうことにすればまったく心配することはありません。
海外FXシステムトレードに関しては、そのソフトウェアとそれを手堅く動かしてくれるPCが高嶺の花だったため、以前は一定以上の富裕層の投資家のみが行なっていました。
トレードを行なう日の中で、為替が大幅に変動する機会を狙って取引するのがデイトレードになります。スワップ収入獲得を狙うことはせず、1日毎にトレードを重ね、少しずつ儲けに結び付けるというトレード法なのです。
スプレッド(≒手数料)に関しては、株式といった金融商品と比較してみましても格安だと言えます。はっきり言って、株式投資だと100万円以上の「売り買い」をすれば、1000円程度は売買手数料を払うことになります。

FX会社の収益はスプレッドにより生み出されるのですが、例えて言うと香港ドルと日本円のトレードの場合、FX会社はゲストに向けて、その海外通貨の購入時と売却時の為替レートを適用します。
スキャルピングのやり方は各人各様ですが、どれにしてもファンダメンタルズについては問わずに、テクニカル指標だけを使って行っています。
トレードの一手法として、「値が上下どっちかの方向に変動する短時間に、少なくてもいいから利益を堅実にあげよう」というのがスキャルピングです。
テクニカル分析を実施するという時のやり方としては、大別して2通りあります。チャートに示された内容を「人間が自分自身の判断のもと分析する」というものと、「分析プログラムが勝手に分析する」というものになります。
驚くことに1円の値幅だったとしても、レバレッジが1倍ならば1万円の損益になるというわけですが、10倍ならば10万円の損益になるというわけです。結局のところ「レバレッジが高倍率になるほどリスクも高まってしまう」ということです。

デイトレードの魅力と言うと、翌日まで保持することなく必須条件として全てのポジションを決済してしまうわけですから、成果が分かりやすいということではないかと思います。
「売り・買い」に関しては、完全に自動で完結する海外FXシステムトレードではありますが、システムの最適化は常日頃から行なうことが必要で、その為には相場観をものにすることが大切だと思います。
テクニカル分析と言われているのは、相場の時系列的な変遷をチャートで記録し、更にはそのチャートを基本に、それからの値動きを予測するという分析法です。これは、いつ取引すべきかの時期を知る時に用いられます。
こちらのHPでは、スプレッドであるとか手数料などを勘定に入れた実質コストにて海外FX会社を比較した一覧表を確認いただくことができます。当然のことながら、コストと言われるものは収益に響きますから、十分に精査することが肝心だと言えます。
MT4と呼ばれているものは、ロシアの会社が製作した海外FXトレーディング専用ツールなのです。無償で使うことができますし、プラス超絶性能ということで、最近海外FXトレーダーからの関心度も上がっていると聞きます。

100%以上の入金ボーナスキャンペーン開催のFX業者を狙え

-FX

Copyright© 海外FX業者 ランキング , 2019 All Rights Reserved.