海外FX業者 ランキング

1位XM 2位GEMFOREX 3位TITANFXで決まりかな!

海外FX業者 おすすめ人気ランキング

  • 人気度・総合力で選ぶならXM
  • 信頼度・実績で選ぶならXM・タイタンFX
  • 入金ボーナスが大きいのはGEMFOREX
  • 新規口座開設ボーナス狙いはGEMFOREX・XM
  • 超ハイレバレッジ口座ならGEMFOREX・XM
  • スキャルピングに最適なのはタイタンFX

(※各社のスペックやボーナスは変更になる場合もあるので詳しくは公式HPにてご確認下さい。)

海外FX業者口座開設比較ランキング第1位 XMトレーディング
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社xmtradingXMトレーディング口座開設

最大レバレッジ888倍。口座種別はスタンダード・マイクロ・ゼロと3種類。ゼロはボーナス適用外のECN口座。入金ボーナス枠の関係で新規口座開設する場合はスタンダード・マイクロがお得。ほとんどの方は新規口座開設でスタンダードを選択されています。入金不要の新規口座開設ボーナス3000円で利益が出れば出金可能。入金ボーナス・トレードボーナスなど多彩なボーナスを用意してくれている。海外FXと言えばXMと言うくらいの断トツ1位の定番FX業者。金融ライセンス有(セーシェル金融庁)。顧客満足度ナンバーワン。総合的にバランスが良く多くのトレーダーから支持を得ている。海外FX初心者からベテラントレーダーまで人気の会社。海外FXデビューするならこの会社。

XM公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第2位 GEMFOREX(ゲムフォレックス)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社GEMFOREXゲムフォレックス口座開設

最高レバレッジは1000倍。システムトレードに特化した海外FX業者で順調に口座開設数を伸ばしている海外FX業者。ミラートレードが簡単に出来たりMTのEAシステムトレードソフトが無料で使えたりする。新規口座開設ボーナスはデフォルトで10000円のボーナス証拠金がもらえ、増額キャンペーンで20000円以上に増額されたりする。新規口座開設ボーナスを狙うのなら20000円に増額された時を狙うのがいいですね。入金100%ボーナスも高額(抽選制)。過去には500万円入金に対して100%ボーナスを付与したりした実績あり。海外FX業者の中では数少ない国内銀行入出金完全対応で入金も出金もスピーディーで時間がかからない。金融ライセンス有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」)。おすすめの1社。

GEMFOREX公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第3位 TitanFX(タイタンFX)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社TitanFXタイタンFX口座開設

最大レバレッジ500倍。口座種別はスタンダード口座ブレード口座があり、ブレード口座(ECN口座外枠手数料制)が業界最狭レベルのスプレッドを誇り取引コストが小さくスキャルピングに最適。中級・上級のベテランのスキャルパーには強い支持を受け人気。残念ながらボーナス等の特典はないが、それを度返ししてもメイン口座として利用する価値は大。金融ライセンス登録有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」),バヌアツ共和国金融庁「VFSC」)。

TitanFX公式サイト(口座開設)

FX

海外FX|海外FXシステムトレードにおきましても…。

投稿日:

FX 比較ランキング

スキャルピングとは、極少時間で薄利を積み重ねていく超短期取引のことで、チャートまたはテクニカル指標を駆使して行なうというものです。
スキャルピングと言われるのは、1取り引きで1円にも達しない僅かばかりの利幅を狙って、毎日毎日連続して取引を敢行して利益を積み重ねる、れっきとした売買手法です。
スキャルピングという取引方法は、一般的には予測しやすい中期~長期の世の中の変化などは看過し、拮抗した戦いを直観的に、かつ間断なく続けるというようなものだと思われます。
「海外FX会社それぞれが供しているサービスの内容を確認する時間を確保することができない」というような方も少なくないと思います。こういった方に活用いただく為に、それぞれの提供サービス内容で海外FX会社を比較し、ランキングの形でご紹介しております。
海外FXシステムトレードにおきましても、新規に「売り・買い」を入れる際に、証拠金余力が要される証拠金額を下回っていると、新たに売り買いすることはできないルールです。

チャートの変化を分析して、買い時と売り時の判定を下すことをテクニカル分析と言うのですが、このテクニカル分析が可能になれば、売買のタイミングも分かるようになることでしょう。
証拠金を保証金として外貨を買い、そのままキープしている状態のことを「ポジションを持つ」と言います。それとは逆に、保有している通貨を売却して手放すことを「ポジションの解消」と言います。
海外FXシステムトレードというものに関しては、そのソフトとそれをきっちりと機能させるPCが高嶺の花だったため、以前はほんの一部の資金的に問題のない海外FXトレーダーだけが実践していたとのことです。
売り値と買い値に少しばかりの差を設定するスプレッドは、FX会社は当然の事銀行でも別の名目で取り入れられているのです。しかもびっくりすることに、その手数料がなんと海外FX会社の200倍前後というところが少なくありません。
海外FX取引を展開する中で出てくるスワップと言われているものは、外貨預金に伴う「金利」だと思ってください。とは言えまったくもって異なる部分があり、この「金利」に関しては「受け取るだけかと思いきや払うことが要される時もある」のです。

一般的には、本番トレード環境とデモトレード環境を比べてみると、本番トレード環境の方が「1回のトレードあたり1ピップス程度収益が落ちる」と認識した方が間違いないと思います。
海外スイングトレードを行なうと言うのなら、短くても数日から数週間、長いケースでは数か月という売買法になりますから、連日放送されているニュースなどを見ながら、数ヶ月単位の世界経済の状況を予想しトレードできると言えます。
「仕事上、毎日チャートを覗くなんていうことは困難だろう」、「大切な経済指標などをすぐさま見れない」と思っている方でも、海外スイングトレードをすることにすれば全く心配する必要はありません。
スプレッドというのは、海外FX会社毎にバラバラな状態で、あなた自身が海外FXで儲けを出すためには、買いのレートと売りのレートの差が小さい方が得すると言えますので、この部分を前提条件として海外FX会社を選定することが大切だと思います。
「売り・買い」に関しては、丸々手間をかけずに完了する海外FXシステムトレードではありますが、システムの適正化は周期的に行なうことが必要不可欠で、そのためには相場観を身に付けることが求められます。

海外FX 口コミ評判比較ランキング

-FX

Copyright© 海外FX業者 ランキング , 2019 All Rights Reserved.