海外FX業者 ランキング

1位XM 2位GEMFOREX 3位TITANFXで決まりかな!

海外FX業者 おすすめ人気ランキング

  • 人気度・総合力で選ぶならXM
  • 信頼度・実績で選ぶならXM・タイタンFX
  • 入金ボーナスが大きいのはGEMFOREX
  • 新規口座開設ボーナス狙いはGEMFOREX・XM
  • 超ハイレバレッジ口座ならGEMFOREX・XM
  • スキャルピングに最適なのはタイタンFX

(※各社のスペックやボーナスは変更になる場合もあるので詳しくは公式HPにてご確認下さい。)

海外FX業者口座開設比較ランキング第1位 XMトレーディング
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社xmtradingXMトレーディング口座開設

最大レバレッジ888倍。口座種別はスタンダード・マイクロ・ゼロと3種類。ゼロはボーナス適用外のECN口座。入金ボーナス枠の関係で新規口座開設する場合はスタンダード・マイクロがお得。ほとんどの方は新規口座開設でスタンダードを選択されています。入金不要の新規口座開設ボーナス3000円で利益が出れば出金可能。入金ボーナス・トレードボーナスなど多彩なボーナスを用意してくれている。海外FXと言えばXMと言うくらいの断トツ1位の定番FX業者。金融ライセンス有(セーシェル金融庁)。顧客満足度ナンバーワン。総合的にバランスが良く多くのトレーダーから支持を得ている。海外FX初心者からベテラントレーダーまで人気の会社。海外FXデビューするならこの会社。

XM公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第2位 GEMFOREX(ゲムフォレックス)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社GEMFOREXゲムフォレックス口座開設

最高レバレッジは1000倍。システムトレードに特化した海外FX業者で順調に口座開設数を伸ばしている海外FX業者。ミラートレードが簡単に出来たりMTのEAシステムトレードソフトが無料で使えたりする。新規口座開設ボーナスはデフォルトで10000円のボーナス証拠金がもらえ、増額キャンペーンで20000円以上に増額されたりする。新規口座開設ボーナスを狙うのなら20000円に増額された時を狙うのがいいですね。入金100%ボーナスも高額(抽選制)。過去には500万円入金に対して100%ボーナスを付与したりした実績あり。海外FX業者の中では数少ない国内銀行入出金完全対応で入金も出金もスピーディーで時間がかからない。金融ライセンス有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」)。おすすめの1社。

GEMFOREX公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第3位 TitanFX(タイタンFX)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社TitanFXタイタンFX口座開設

最大レバレッジ500倍。口座種別はスタンダード口座ブレード口座があり、ブレード口座(ECN口座外枠手数料制)が業界最狭レベルのスプレッドを誇り取引コストが小さくスキャルピングに最適。中級・上級のベテランのスキャルパーには強い支持を受け人気。残念ながらボーナス等の特典はないが、それを度返ししてもメイン口座として利用する価値は大。金融ライセンス登録有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」),バヌアツ共和国金融庁「VFSC」)。

TitanFX公式サイト(口座開設)

FX

海外FX|デモトレードと称されるのは…。

投稿日:

海外FX 優良業者ランキング

取引につきましては、完全にオートマチカルに実施される自動売買ではありますが、システムの修復は周期的に行なうことが必要不可欠で、その為には相場観を養うことが重要になります。
スワップポイントと言いますのは、「金利の差額」だと考えていただいて構いませんが、リアルに得ることができるスワップポイントは、海外FX会社の収益である手数料を減じた金額になります。
小さな金額の証拠金の入金で大きな売買が可能なレバレッジではありますが、見込んでいる通りに値が進めばそれなりの利益が齎されますが、反対の場合は大きな被害を被ることになります。
メタトレーダーをPCにセットして、インターネットに接続させたまま24時間動かしておけば、遊びに行っている間もお任せで海外FX取り引きをやってくれます。
海外FX会社それぞれに特徴があり、ストロングポイントもウィークポイントもあるのが常識なので、始めたばかりの人は、「いずれの海外FX業者で海外FXアカウント開設するのが正解なのか?」などと困ってしまうのではないでしょうか?

購入時と売却時の価格に少しばかりの差を設定するスプレッドは、FX会社の他に銀行でも別の名目で取り入れています。しかもびっくりするでしょうが、その手数料がなんと海外FX会社のおおよそ200倍というところがかなりあります。
ここ数年は、どこの海外FX会社も売買手数料は無料ですが、それに代わるものとしてスプレッドがあり、そのスプレッドこそが実際の海外FX会社の収益だと考えていいのです。
デモトレードと称されるのは、専用の通貨(仮想通貨)でトレードを経験することを言います。500万円というような、ご自分で決めた仮想資金が入金されたデモアカウントを持つことができ、実際のトレードと同一環境で練習ができます。
FX取引においては、まるで「てこ」のように僅かな額の証拠金で、その何倍もの取り引きが許されており、証拠金と現実の取り引き金額の比率を「レバレッジ」と言うのです。
売りと買いの両ポジションを一緒に保持すると、円高になろうとも円安になろうとも収益を得ることが可能だと言えますが、リスク管理の点から申しますと、2倍心を配る必要が出てくるはずです。

テクニカル分析をする場合、やり方としては大きな括りとしてふた通りあると言えます。チャートに表記された内容を「人間が自分の目と経験で分析する」というものと、「専用プログラムが独自に分析する」というものです。
メタトレーダーと呼ばれるものは、ロシアの企業が作った海外FXのトレーディングツールになります。使用料なしで使え、尚且つ超絶機能装備ということから、ここに来て海外FXトレーダーからの支持率も上がっていると聞いています。
海外FX取引において、一番多い取引スタイルだと考えられているのが、「日計りトレード」なのです。1日単位で手にすることができる利益をしっかりと押さえるというのが、このトレードのやり方なのです。
トレードの考え方として、「一方向に変動する短時間に、薄利でもいいから利益を絶対に得よう」というのがスキャルピングなのです。
スプレッドと言いますのは、海外FXにおける「買値と売値の差」のことなのです。このスプレッドこそが海外FX会社を利用するためのコストであり、海外FX会社それぞれで設定額が異なっているのが一般的です。

FX口座開設ランキング

-FX

Copyright© 海外FX業者 ランキング , 2019 All Rights Reserved.