海外FX業者 ランキング

1位XM 2位GEMFOREX 3位TITANFXで決まりかな!

海外FX業者 おすすめ人気ランキング

  • 人気度・総合力で選ぶならXM
  • 信頼度・実績で選ぶならXM・タイタンFX
  • 入金ボーナスが大きいのはGEMFOREX
  • 新規口座開設ボーナス狙いはGEMFOREX・XM
  • 超ハイレバレッジ口座ならGEMFOREX・XM
  • スキャルピングに最適なのはタイタンFX

(※各社のスペックやボーナスは変更になる場合もあるので詳しくは公式HPにてご確認下さい。)

海外FX業者口座開設比較ランキング第1位 XMトレーディング
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社xmtradingXMトレーディング口座開設

最大レバレッジ888倍。口座種別はスタンダード・マイクロ・ゼロと3種類。ゼロはボーナス適用外のECN口座。入金ボーナス枠の関係で新規口座開設する場合はスタンダード・マイクロがお得。ほとんどの方は新規口座開設でスタンダードを選択されています。入金不要の新規口座開設ボーナス3000円で利益が出れば出金可能。入金ボーナス・トレードボーナスなど多彩なボーナスを用意してくれている。海外FXと言えばXMと言うくらいの断トツ1位の定番FX業者。金融ライセンス有(セーシェル金融庁)。顧客満足度ナンバーワン。総合的にバランスが良く多くのトレーダーから支持を得ている。海外FX初心者からベテラントレーダーまで人気の会社。海外FXデビューするならこの会社。

XM公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第2位 GEMFOREX(ゲムフォレックス)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社GEMFOREXゲムフォレックス口座開設

最高レバレッジは1000倍。システムトレードに特化した海外FX業者で順調に口座開設数を伸ばしている海外FX業者。ミラートレードが簡単に出来たりMTのEAシステムトレードソフトが無料で使えたりする。新規口座開設ボーナスはデフォルトで10000円のボーナス証拠金がもらえ、増額キャンペーンで20000円以上に増額されたりする。新規口座開設ボーナスを狙うのなら20000円に増額された時を狙うのがいいですね。入金100%ボーナスも高額(抽選制)。過去には500万円入金に対して100%ボーナスを付与したりした実績あり。海外FX業者の中では数少ない国内銀行入出金完全対応で入金も出金もスピーディーで時間がかからない。金融ライセンス有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」)。おすすめの1社。

GEMFOREX公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第3位 TitanFX(タイタンFX)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社TitanFXタイタンFX口座開設

最大レバレッジ500倍。口座種別はスタンダード口座ブレード口座があり、ブレード口座(ECN口座外枠手数料制)が業界最狭レベルのスプレッドを誇り取引コストが小さくスキャルピングに最適。中級・上級のベテランのスキャルパーには強い支持を受け人気。残念ながらボーナス等の特典はないが、それを度返ししてもメイン口座として利用する価値は大。金融ライセンス登録有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」),バヌアツ共和国金融庁「VFSC」)。

TitanFX公式サイト(口座開設)

FX

海外FXランキング|スプレッド(≒手数料)に関しては…。

投稿日:

海外FX レバレッジ比較

私自身は総じてデイトレードで取り引きを繰り返して来ましたが、ここ最近はより利益を獲得できるスイングトレードを利用して売買しています。
TITAN口座開設の申し込み手続きを完了して、審査が通れば「ログイン用のIDとパスワード」が郵送にて送られてくるというのが基本的な流れではありますが、FX会社のいくつかはTELを介して「必要事項」をしているようです。
FX未経験者だとしたら、分かるはずがないと感じるテクニカル分析なのですが、チャートのポイントとなるパターンさえマスターしてしまえば、値動きの類推が物凄く簡単になるでしょう。
チャートの変化を分析して、いつ「売り・買い」すべきかの決定を下すことをテクニカル分析と呼ぶわけですが、この分析さえできるようになったら、買う時期と売る時期も自然とわかってくるはずです。
スキャルピングにつきましては、数分以内の値動きを何度も利用することになりますから、値動きがそれなりにあることと、取引の回数が増えますから、取引コストが小さい通貨ペアをセレクトすることが大切だと言えます。

スキャルピングの攻略法は幾つもありますが、どれもこれもファンダメンタルズに関しましては考えないこととして、テクニカル指標だけを利用して実施しています。
スプレッド(≒手数料)に関しては、一般的な金融商品を鑑みると、かなり破格だと言えるのです。正直言って、株式投資なんか100万円以上の取り引きをしますと、1000円前後は売買手数料を取られます。
スイングトレードの強みは、「常日頃からPCから離れることなく、為替レートの変化に気を揉む必要がない」という部分であり、サラリーマンやOLに適したトレード方法だと言っていいでしょう。
FX取引のやり方も諸々ありますが、最も浸透している取引スタイルだとされるのが「デイトレード」なのです。1日というスパンで手にできる利益をキッチリものにするというのが、このトレードのやり方なのです。
デイトレードの特徴と言いますと、その日1日で確実に全てのポジションを決済してしまうわけですから、結果がすぐわかるということだと考えます。

いくつかシステムトレードを調査してみると、他のトレーダーが生み出した、「それなりの収益に結び付いている自動売買プログラム」を基本に自動売買が行なわれるようになっているものが目立ちます。
レバレッジという規定があるので、証拠金をそれほど多く拠出できなくてもその25倍までの売り買いを行なうことができ、大きな収益も想定できますが、その裏返しでリスクも高まるので、無謀なことはしないでレバレッジ設定するようにしてください。
デイトレードをやるという時は、どの通貨ペアで売買するかも重要です。はっきり言って、動きが見られる通貨ペアで売買をしませんと、デイトレードで大きな利益を手にすることは無理だと考えるべきです。
FX取引を展開する中で出てくるスワップと言いますのは、外貨預金の「金利」に近いものです。けれどもまるで違う点があり、この「金利」と言いますのは「貰うだけでなく払うこともあり得る」のです。
FXに関してリサーチしていくと、MT4という単語をいたるところで目にします。MT4というのは、使用料なしにて使用することができるFXソフトのことで、利用価値の高いチャートや自動売買機能が搭載されている取引ツールのことを指します。

FX 比較サイト

-FX

Copyright© 海外FX業者 ランキング , 2019 All Rights Reserved.