海外FX業者 ランキング

1位XM 2位GEMFOREX 3位TITANFXで決まりかな!

海外FX業者 おすすめ人気ランキング

  • 人気度・総合力で選ぶならXM
  • 信頼度・実績で選ぶならXM・タイタンFX
  • 入金ボーナスが大きいのはGEMFOREX
  • 新規口座開設ボーナス狙いはGEMFOREX・XM
  • 超ハイレバレッジ口座ならGEMFOREX・XM
  • スキャルピングに最適なのはタイタンFX

(※各社のスペックやボーナスは変更になる場合もあるので詳しくは公式HPにてご確認下さい。)

海外FX業者口座開設比較ランキング第1位 XMトレーディング
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社xmtradingXMトレーディング口座開設

最大レバレッジ888倍。口座種別はスタンダード・マイクロ・ゼロと3種類。ゼロはボーナス適用外のECN口座。入金ボーナス枠の関係で新規口座開設する場合はスタンダード・マイクロがお得。ほとんどの方は新規口座開設でスタンダードを選択されています。入金不要の新規口座開設ボーナス3000円で利益が出れば出金可能。入金ボーナス・トレードボーナスなど多彩なボーナスを用意してくれている。海外FXと言えばXMと言うくらいの断トツ1位の定番FX業者。金融ライセンス有(セーシェル金融庁)。顧客満足度ナンバーワン。総合的にバランスが良く多くのトレーダーから支持を得ている。海外FX初心者からベテラントレーダーまで人気の会社。海外FXデビューするならこの会社。

XM公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第2位 GEMFOREX(ゲムフォレックス)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社GEMFOREXゲムフォレックス口座開設

最高レバレッジは1000倍。システムトレードに特化した海外FX業者で順調に口座開設数を伸ばしている海外FX業者。ミラートレードが簡単に出来たりMTのEAシステムトレードソフトが無料で使えたりする。新規口座開設ボーナスはデフォルトで10000円のボーナス証拠金がもらえ、増額キャンペーンで20000円以上に増額されたりする。新規口座開設ボーナスを狙うのなら20000円に増額された時を狙うのがいいですね。入金100%ボーナスも高額(抽選制)。過去には500万円入金に対して100%ボーナスを付与したりした実績あり。海外FX業者の中では数少ない国内銀行入出金完全対応で入金も出金もスピーディーで時間がかからない。金融ライセンス有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」)。おすすめの1社。

GEMFOREX公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第3位 TitanFX(タイタンFX)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社TitanFXタイタンFX口座開設

最大レバレッジ500倍。口座種別はスタンダード口座ブレード口座があり、ブレード口座(ECN口座外枠手数料制)が業界最狭レベルのスプレッドを誇り取引コストが小さくスキャルピングに最適。中級・上級のベテランのスキャルパーには強い支持を受け人気。残念ながらボーナス等の特典はないが、それを度返ししてもメイン口座として利用する価値は大。金融ライセンス登録有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」),バヌアツ共和国金融庁「VFSC」)。

TitanFX公式サイト(口座開設)

FX

海外FXランキング|スワップポイントに関しましては…。

投稿日:

利用者の多い海外FX会社ランキング

スイングトレードの特長は、「いつもパソコンの売買画面の前に居座ったままで、為替レートをチェックする必要がない」というところだと言え、超多忙な人にうってつけのトレード方法だと考えています。
TITAN口座開設をすれば、現実的に取引をすることがないとしてもチャートなどを見ることが可能ですので、「とにかくFXについて学びたい」などと考えている方も、開設された方が良いでしょう。
FX会社に入金される収益はスプレッドから生み出されるわけですが、例えて言えばカナダドルと日本円のトレードの場合、FX会社はゲストに向けて、その海外通貨の買いと売りの為替レートを適用し、その差額を収益とするわけです。
システムトレードに関しても、新たに取り引きする時に、証拠金余力が要される証拠金の額に達していない場合は、新規に売買することは認められないことになっています。
デイトレードと言われるのは、完全に1日ポジションを保持するというトレードを意味するのではなく、実際のところはニューヨーク市場が手仕舞いされる前に決済を完了するというトレードのことです。

スイングトレードに取り組む際の注意点として、売買する画面から離れている時などに、突如大きな変動などが起こった場合に対処できるように、始める前に対策を打っておきませんと、大損することになります。
チャートの形を分析して、売買するタイミングの決定を下すことをテクニカル分析というわけですが、このテクニカル分析ができるようになれば、「売り時」と「買い時」も分かるようになると断言します。
スキャルピングトレード方法は、割と予見しやすい中期から長期にかけての経済変動などは考慮せず、確率2分の1の勝負を感覚的に、かつずっと繰り返すというようなものだと言っていいでしょう。
僅かな金額の証拠金で大きな「売り買い」が認められるレバレッジではありますが、考えている通りに値が変化してくれれば大きな収益が得られますが、反対の場合は大きな損失を被ることになります。
日本の銀行より海外の銀行金利の方が高いというわけで、スワップ金利が付与されます。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、FXをすることで付与されることになるスワップ金利というわけです。

スワップポイントに関しましては、ポジションを維持した日数分もらうことができます。毎日定められている時間にポジションを有した状態だと、そこでスワップポイントが貰えるわけです。
昨今のシステムトレードをチェックしてみると、経験豊富なトレーダーが生み出した、「一定レベル以上の収益を出し続けている売買ロジック」を基に自動売買が可能となっているものが少なくないように思います。
為替の動きを推測する為に必要なのが、テクニカル分析とファンダメンタル分析ですが、より重要になってくるのは「チャートを検証して、将来的な為替変動を予想する」テクニカル分析だと言って間違いありません。
システムトレードにつきましては、そのソフトとそれを確実に実行させるパソコンが普通の人が購入できる価格ではなかった為、昔は一定の富裕層の投資プレイヤーだけが実践していたのです。
デイトレードと言われているものは、スキャルピングの売ったり買ったりする時間的なスパンを少しだけ長くしたもので、一般的には数時間以上24時間以内に決済を済ませるトレードを意味します。

利用者の多い海外FX会社ランキング

-FX

Copyright© 海外FX業者 ランキング , 2019 All Rights Reserved.