海外FX業者 ランキング

1位XM 2位GEMFOREX 3位TITANFXで決まりかな!

海外FX業者 おすすめ人気ランキング

  • 人気度・総合力で選ぶならXM
  • 信頼度・実績で選ぶならXM・タイタンFX
  • 入金ボーナスが大きいのはGEMFOREX
  • 新規口座開設ボーナス狙いはGEMFOREX・XM
  • 超ハイレバレッジ口座ならGEMFOREX・XM
  • スキャルピングに最適なのはタイタンFX

(※各社のスペックやボーナスは変更になる場合もあるので詳しくは公式HPにてご確認下さい。)

海外FX業者口座開設比較ランキング第1位 XMトレーディング
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社xmtradingXMトレーディング口座開設

最大レバレッジ888倍。口座種別はスタンダード・マイクロ・ゼロと3種類。ゼロはボーナス適用外のECN口座。入金ボーナス枠の関係で新規口座開設する場合はスタンダード・マイクロがお得。ほとんどの方は新規口座開設でスタンダードを選択されています。入金不要の新規口座開設ボーナス3000円で利益が出れば出金可能。入金ボーナス・トレードボーナスなど多彩なボーナスを用意してくれている。海外FXと言えばXMと言うくらいの断トツ1位の定番FX業者。金融ライセンス有(セーシェル金融庁)。顧客満足度ナンバーワン。総合的にバランスが良く多くのトレーダーから支持を得ている。海外FX初心者からベテラントレーダーまで人気の会社。海外FXデビューするならこの会社。

XM公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第2位 GEMFOREX(ゲムフォレックス)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社GEMFOREXゲムフォレックス口座開設

最高レバレッジは1000倍。システムトレードに特化した海外FX業者で順調に口座開設数を伸ばしている海外FX業者。ミラートレードが簡単に出来たりMTのEAシステムトレードソフトが無料で使えたりする。新規口座開設ボーナスはデフォルトで10000円のボーナス証拠金がもらえ、増額キャンペーンで20000円以上に増額されたりする。新規口座開設ボーナスを狙うのなら20000円に増額された時を狙うのがいいですね。入金100%ボーナスも高額(抽選制)。過去には500万円入金に対して100%ボーナスを付与したりした実績あり。海外FX業者の中では数少ない国内銀行入出金完全対応で入金も出金もスピーディーで時間がかからない。金融ライセンス有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」)。おすすめの1社。

GEMFOREX公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第3位 TitanFX(タイタンFX)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社TitanFXタイタンFX口座開設

最大レバレッジ500倍。口座種別はスタンダード口座ブレード口座があり、ブレード口座(ECN口座外枠手数料制)が業界最狭レベルのスプレッドを誇り取引コストが小さくスキャルピングに最適。中級・上級のベテランのスキャルパーには強い支持を受け人気。残念ながらボーナス等の特典はないが、それを度返ししてもメイン口座として利用する価値は大。金融ライセンス登録有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」),バヌアツ共和国金融庁「VFSC」)。

TitanFX公式サイト(口座開設)

FX

デモトレードを始めるという時は…。

投稿日:

スキャルピング向けの海外FX業者を選ぶには!?

驚くなかれ1円の値幅でありましても、レバレッジ1倍の場合は1万円の損益になりますが、10倍の時は10万円の損益ということになります。簡単に言うならば「レバレッジを欲張れば欲張るほどリスクも高まる」わけです。
為替の動きを類推する為に欠かせないのが、ファンダメンタル分析とテクニカル分析ですが、より重要だと言えるのは「チャートを解析して、その後の為替の動きを予想する」テクニカル分析だとお伝えしておきます。
レバレッジと申しますのは、送金した証拠金を元手として、最大その額面の25倍の売買が認められるというシステムを言います。仮に50万円の証拠金でもって20倍のレバレッジを掛けることにしましたら、1000万円という「売り・買い」が可能なわけです。
スイングトレードということになれば、どんなに短期だとしても数日間、長くなると数ヶ月にも及ぶことになる投資法になりますから、デイリーのニュースなどをベースに、将来の経済情勢を類推し資金投下できるというわけです。
証拠金を基にして外貨を購入し、そのままキープし続けている状態のことを「ポジションを持つ」というふうに言います。それとは逆パターンで、保有している通貨を売って手放すことを「ポジションの解消」と言います。

買い値と売り値に若干の差を設けるスプレッドは、FX会社は当然の事銀行においても別の呼び名で導入しているのです。しかもびっくりするかもしれませんが、その手数料というのがFX会社の大体200倍というところが多々あります。
テクニカル分析の手法という意味では、大きく分けると2通りあると言えます。チャートに示された内容を「人が分析する」というものと、「プログラムがオートマティックに分析する」というものになります。
トレンドがはっきり出ている時間帯を認識して、その機を逃すことなく買いを入れるのがトレードをやる上での最も大切な考え方です。デイトレードだけじゃなく、「落ち着きを保つ」「相場が荒れている時はポジションを持たない」というのは、どんなトレード法で行なうにしても本当に大事になってくるはずです。
近い将来FXをやろうと考えている人とか、別のFX会社にしてみようかと考慮している人を対象にして、日本で営業しているFX会社を比較し、ランキングにしました。よろしければ参照してください。
デモトレードを始めるという時は、FXに不可欠な証拠金がデモ口座(仮想の口座)に、必要な金額分仮想通貨として入金されることになります。

デイトレードとは、スキャルピングの売りと買いの時間的な間隔を幾分長くしたもので、普通は2~3時間以上1日以内に決済を終えてしまうトレードを意味します。
FXビギナーだと言うなら、ハードルが高すぎるだろうと考えられるテクニカル分析ではありますが、チャートの主要なパターンさえ押さえてしまえば、値動きの予測が段違いに簡単になるはずです。
日本国内にも幾つものFX会社があり、各々がユニークなサービスを提供しております。そのようなサービスでFX会社を比較して、個々人にピッタリくるFX会社を絞り込むことが大事だと言えます。
FX取引については、「てこ」みたく少額の証拠金で、その25倍もの取り引きが可能になっており、証拠金と実際の取り引き金額の倍率を「レバレッジ」と称しているのです。
スキャルピングにつきましては、僅かな時間の値動きを捉えるものなので、値動きが顕著であることと、「売り」と「買い」の回数がとても増えるのが一般的ですから、取引を行なう際のコストが少ない通貨ペアを手がけることが重要だと言えます。

海外FX 比較

-FX

Copyright© 海外FX業者 ランキング , 2020 All Rights Reserved.