海外FX業者 ランキング

1位XM 2位GEMFOREX 3位TITANFXで決まりかな!

海外FX業者 おすすめ人気ランキング

  • 人気度・総合力で選ぶならXM
  • 信頼度・実績で選ぶならXM・タイタンFX
  • 入金ボーナスが大きいのはGEMFOREX
  • 新規口座開設ボーナス狙いはGEMFOREX・XM
  • 超ハイレバレッジ口座ならGEMFOREX・XM
  • スキャルピングに最適なのはタイタンFX

(※各社のスペックやボーナスは変更になる場合もあるので詳しくは公式HPにてご確認下さい。)

海外FX業者口座開設比較ランキング第1位 XMトレーディング
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社xmtradingXMトレーディング口座開設

最大レバレッジ888倍。口座種別はスタンダード・マイクロ・ゼロと3種類。ゼロはボーナス適用外のECN口座。入金ボーナス枠の関係で新規口座開設する場合はスタンダード・マイクロがお得。ほとんどの方は新規口座開設でスタンダードを選択されています。入金不要の新規口座開設ボーナス3000円で利益が出れば出金可能。入金ボーナス・トレードボーナスなど多彩なボーナスを用意してくれている。海外FXと言えばXMと言うくらいの断トツ1位の定番FX業者。金融ライセンス有(セーシェル金融庁)。顧客満足度ナンバーワン。総合的にバランスが良く多くのトレーダーから支持を得ている。海外FX初心者からベテラントレーダーまで人気の会社。海外FXデビューするならこの会社。

XM公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第2位 GEMFOREX(ゲムフォレックス)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社GEMFOREXゲムフォレックス口座開設

最高レバレッジは1000倍。システムトレードに特化した海外FX業者で順調に口座開設数を伸ばしている海外FX業者。ミラートレードが簡単に出来たりMTのEAシステムトレードソフトが無料で使えたりする。新規口座開設ボーナスはデフォルトで10000円のボーナス証拠金がもらえ、増額キャンペーンで20000円以上に増額されたりする。新規口座開設ボーナスを狙うのなら20000円に増額された時を狙うのがいいですね。入金100%ボーナスも高額(抽選制)。過去には500万円入金に対して100%ボーナスを付与したりした実績あり。海外FX業者の中では数少ない国内銀行入出金完全対応で入金も出金もスピーディーで時間がかからない。金融ライセンス有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」)。おすすめの1社。

GEMFOREX公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第3位 TitanFX(タイタンFX)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社TitanFXタイタンFX口座開設

最大レバレッジ500倍。口座種別はスタンダード口座ブレード口座があり、ブレード口座(ECN口座外枠手数料制)が業界最狭レベルのスプレッドを誇り取引コストが小さくスキャルピングに最適。中級・上級のベテランのスキャルパーには強い支持を受け人気。残念ながらボーナス等の特典はないが、それを度返ししてもメイン口座として利用する価値は大。金融ライセンス登録有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」),バヌアツ共和国金融庁「VFSC」)。

TitanFX公式サイト(口座開設)

FX

海外FXランキング|「デモトレードにおいて収益をあげることができた」とおっしゃっても…。

投稿日:

FX 人気会社ランキング

TITAN口座開設に付きものの審査につきましては、専業主婦又は大学生でもほとんど通りますので、異常なまでの心配は不要だと言えますが、入力項目にある「資産状況」や「投資経験」などは、しっかり目を通されます。
スプレッドと呼ばれているものは、FX会社により異なっていて、FX売買で収入を手にするためには、スプレッド差が僅少なほど有利ですから、それを勘案してFX会社を選択することが重要になります。
スワップポイントというのは、「金利の差額」であると言えますが、実際のところ手にできるスワップポイントは、FX会社に払うことになる手数料を相殺した額だと考えてください。
スプレッドと呼ばれている“手数料”は、普通の金融商品と海外FX業者おすすめ比較ランキングで比較してみましても格安だと言えます。正直に申し上げて、株式投資だと100万円以上の「売り・買い」をすると、1000円程度は売買手数料を支払う羽目になります。
「デモトレードにおいて収益をあげることができた」とおっしゃっても、現実の上でのリアルトレードで儲けを出せるかどうかはわかりません。デモトレードにつきましては、残念ながら遊び感覚を拭い去れません。

FX会社の口座に入る収益はスプレッドが齎すことになるのですが、例を挙げますと豪ドルと日本円の売買をする場合、FX会社は取引相手に対して、その海外通貨の買いと売りの為替レートを適用し、その差額を手数料とするのです。
スキャルピングに関しては、本当に短時間の値動きを利用して取引しますので、値動きが顕著であることと、「買い」と「売り」の回数が多くなりますので、取引コストが小さい通貨ペアを取り扱うことが大切だと言えます。
デイトレードの魅力と言うと、翌日まで持ち越すことはせずに必須条件として全てのポジションを決済するわけなので、損益が毎日明確になるということだと考えています。
TITAN口座開設の申し込みを完了し、審査に合格すれば「ログイン用のIDとPW」が郵便にて届けられるというのが通例だと言えますが、一部のFX会社は電話を掛けて「必要事項確認」を行なっています。
実際のところは、本番トレード環境とデモトレードの環境を比べてみると、前者の方が「それぞれのトレードあたり1ピップス程利益が減少する」と認識した方が賢明かと思います。

売りと買いの両ポジションを一緒に持つと、為替がどちらに振れても利益を得ることが可能だということですが、リスク管理の点から言うと、2倍気配りすることになるはずです。
証拠金を入金して特定の通貨を購入し、そのまま所有している状態のことを「ポジションを持つ」と言います。それとは逆に、維持している通貨を約定することを「ポジションの解消」と言うわけです。
FXをやっていく上で、海外で流通している通貨を日本円で買いますと、金利差に応じたスワップポイントが与えられることになりますが、金利が高く設定されている通貨で低い通貨を買う場合、当然のことながらスワップポイントを支払う必要が出てくるわけです。
「仕事柄、日中にチャートを覗くなんていうことはできない」、「為替にも関係する経済指標などを速やかに目にすることができない」と言われる方でも、スイングトレードを行なうことにすれば全く心配する必要はありません。
為替の動きを推測する時に外せないのが、ファンダメンタル分析とテクニカル分析ですが、より大切だと指摘されているのは「チャートの変遷を分析して、将来的な為替の進捗を予測する」テクニカル分析だと言って間違いありません。

スキャルピング向けの海外FX業者を選ぶには!?

-FX

Copyright© 海外FX業者 ランキング , 2020 All Rights Reserved.