海外FX業者 ランキング

1位XM 2位GEMFOREX 3位TITANFXで決まりかな!

海外FX業者 おすすめ人気ランキング

  • 人気度・総合力で選ぶならXM
  • 信頼度・実績で選ぶならXM・タイタンFX
  • 入金ボーナスが大きいのはGEMFOREX
  • 新規口座開設ボーナス狙いはGEMFOREX・XM
  • 超ハイレバレッジ口座ならGEMFOREX・XM
  • スキャルピングに最適なのはタイタンFX

(※各社のスペックやボーナスは変更になる場合もあるので詳しくは公式HPにてご確認下さい。)

海外FX業者口座開設比較ランキング第1位 XMトレーディング
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社xmtradingXMトレーディング口座開設

最大レバレッジ888倍。口座種別はスタンダード・マイクロ・ゼロと3種類。ゼロはボーナス適用外のECN口座。入金ボーナス枠の関係で新規口座開設する場合はスタンダード・マイクロがお得。ほとんどの方は新規口座開設でスタンダードを選択されています。入金不要の新規口座開設ボーナス3000円で利益が出れば出金可能。入金ボーナス・トレードボーナスなど多彩なボーナスを用意してくれている。海外FXと言えばXMと言うくらいの断トツ1位の定番FX業者。金融ライセンス有(セーシェル金融庁)。顧客満足度ナンバーワン。総合的にバランスが良く多くのトレーダーから支持を得ている。海外FX初心者からベテラントレーダーまで人気の会社。海外FXデビューするならこの会社。

XM公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第2位 GEMFOREX(ゲムフォレックス)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社GEMFOREXゲムフォレックス口座開設

最高レバレッジは1000倍。システムトレードに特化した海外FX業者で順調に口座開設数を伸ばしている海外FX業者。ミラートレードが簡単に出来たりMTのEAシステムトレードソフトが無料で使えたりする。新規口座開設ボーナスはデフォルトで10000円のボーナス証拠金がもらえ、増額キャンペーンで20000円以上に増額されたりする。新規口座開設ボーナスを狙うのなら20000円に増額された時を狙うのがいいですね。入金100%ボーナスも高額(抽選制)。過去には500万円入金に対して100%ボーナスを付与したりした実績あり。海外FX業者の中では数少ない国内銀行入出金完全対応で入金も出金もスピーディーで時間がかからない。金融ライセンス有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」)。おすすめの1社。

GEMFOREX公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第3位 TitanFX(タイタンFX)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社TitanFXタイタンFX口座開設

最大レバレッジ500倍。口座種別はスタンダード口座ブレード口座があり、ブレード口座(ECN口座外枠手数料制)が業界最狭レベルのスプレッドを誇り取引コストが小さくスキャルピングに最適。中級・上級のベテランのスキャルパーには強い支持を受け人気。残念ながらボーナス等の特典はないが、それを度返ししてもメイン口座として利用する価値は大。金融ライセンス登録有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」),バヌアツ共和国金融庁「VFSC」)。

TitanFX公式サイト(口座開設)

FX

海外FXランキング|スプレッド(≒手数料)は…。

投稿日:

FX口座開設ランキング

スイングトレードの強みは、「年がら年中トレード画面にしがみついて、為替レートの変動に一喜一憂しなくて良い」という部分で、多忙な人に適しているトレード方法だと言っていいでしょう。
スプレッド(≒手数料)は、一般的な金融商品と照合すると、ビックリするくらい安いです。実際のところ、株式投資だと100万円以上の売り買いをしたら、1000円くらいは売買手数料を払うのが普通です。
スキャルピングというのは、一度の売買で1円にもならない僅かしかない利幅を得ることを目的に、日に何回も取引を実施して薄利を積み増す、一種独特なトレード手法です。
近頃のシステムトレードをリサーチしてみますと、他の人が立案した、「ちゃんと利益を生み出している売買ロジック」を基に自動売買ができるようになっているものがたくさんあることが分かります。
驚くことに1円の値幅だったとしても、レバレッジ1倍の時は1万円の損益になりますが、10倍の時は10万円の損益ということになります。わかりやすく言うと「レバレッジが高倍率になるにつれリスクも高くなる」と考えられるわけです。

FXが日本国内で勢いよく拡大した大きな理由が、売買手数料がとんでもなく安いことだと思います。あなたがFX初心者なら、スプレッドの低いFX会社を見つけ出すことも必要だとお伝えしておきます。
FX取引に取り組む際には、「てこ」と同じように低額の証拠金で、その額の25倍までの取り引きが許されており、証拠金と現実の取り引き金額の割合を「レバレッジ」と呼ぶのです。
レバレッジを有効活用すれば、証拠金が少額だとしましてもその何倍という「売り・買い」をすることができ、すごい利益も想定できますが、それに伴いリスクも高くなるのが一般的ですから、無謀なことはしないでレバレッジ設定することが大事になってきます。
利益を確保する為には、為替レートが注文した際のものよりも良い方向に変動するまで待機する他ないのです。この状態を「ポジションを保有する」という言い方をします。
システムトレードというものについては、そのプログラムとそれを間違いなく再現してくれるパソコンが高すぎたので、かつてはそこそこ富裕層の投資プレイヤー限定で実践していたのです。

システムトレードだとしても、新規にトレードするという場合に、証拠金余力が必要とされる証拠金額以上ないという状況ですと、新規に売買することはできないことになっているのです。
デイトレードと言いますのは、スキャルピングの売買の間隔をそれなりに長くしたもので、実際的には数時間程度から1日以内に決済を済ませるトレードだと指摘されています。
為替の動きを予測する時に外せないのが、ファンダメンタル分析とテクニカル分析ですが、より重要だとされているのは「チャートの移り変わりを重視して、その先の為替の方向性を推測する」テクニカル分析だとお伝えしておきます。
チャートの動きを分析して、売買する時期の決断をすることをテクニカル分析というわけですが、このテクニカル分析さえ可能になったら、「売り時」と「買い時」の間違いも激減するでしょう。
ポジションについては、「買いポジション」と「売りポジション」の2種類がありますが、このポジションと申しますのは、「買い」または「売り」の取り引きをしたまま、決済せずにその状態を維持している注文のことなのです。

信頼・実績の人気の海外FX業者

-FX

Copyright© 海外FX業者 ランキング , 2020 All Rights Reserved.