海外FX業者 ランキング

1位XM 2位GEMFOREX 3位TITANFXで決まりかな!

海外FX業者 おすすめ人気ランキング

  • 人気度・総合力で選ぶならXM
  • 信頼度・実績で選ぶならXM・タイタンFX
  • 入金ボーナスが大きいのはGEMFOREX
  • 新規口座開設ボーナス狙いはGEMFOREX・XM
  • 超ハイレバレッジ口座ならGEMFOREX・XM
  • スキャルピングに最適なのはタイタンFX

(※各社のスペックやボーナスは変更になる場合もあるので詳しくは公式HPにてご確認下さい。)

海外FX業者口座開設比較ランキング第1位 XMトレーディング
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社xmtradingXMトレーディング口座開設

最大レバレッジ888倍。口座種別はスタンダード・マイクロ・ゼロと3種類。ゼロはボーナス適用外のECN口座。入金ボーナス枠の関係で新規口座開設する場合はスタンダード・マイクロがお得。ほとんどの方は新規口座開設でスタンダードを選択されています。入金不要の新規口座開設ボーナス3000円で利益が出れば出金可能。入金ボーナス・トレードボーナスなど多彩なボーナスを用意してくれている。海外FXと言えばXMと言うくらいの断トツ1位の定番FX業者。金融ライセンス有(セーシェル金融庁)。顧客満足度ナンバーワン。総合的にバランスが良く多くのトレーダーから支持を得ている。海外FX初心者からベテラントレーダーまで人気の会社。海外FXデビューするならこの会社。

XM公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第2位 GEMFOREX(ゲムフォレックス)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社GEMFOREXゲムフォレックス口座開設

最高レバレッジは1000倍。システムトレードに特化した海外FX業者で順調に口座開設数を伸ばしている海外FX業者。ミラートレードが簡単に出来たりMTのEAシステムトレードソフトが無料で使えたりする。新規口座開設ボーナスはデフォルトで10000円のボーナス証拠金がもらえ、増額キャンペーンで20000円以上に増額されたりする。新規口座開設ボーナスを狙うのなら20000円に増額された時を狙うのがいいですね。入金100%ボーナスも高額(抽選制)。過去には500万円入金に対して100%ボーナスを付与したりした実績あり。海外FX業者の中では数少ない国内銀行入出金完全対応で入金も出金もスピーディーで時間がかからない。金融ライセンス有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」)。おすすめの1社。

GEMFOREX公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第3位 TitanFX(タイタンFX)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社TitanFXタイタンFX口座開設

最大レバレッジ500倍。口座種別はスタンダード口座ブレード口座があり、ブレード口座(ECN口座外枠手数料制)が業界最狭レベルのスプレッドを誇り取引コストが小さくスキャルピングに最適。中級・上級のベテランのスキャルパーには強い支持を受け人気。残念ながらボーナス等の特典はないが、それを度返ししてもメイン口座として利用する価値は大。金融ライセンス登録有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」),バヌアツ共和国金融庁「VFSC」)。

TitanFX公式サイト(口座開設)

FX

海外FXランキング|レバレッジという規定があるので…。

投稿日:

海外FX会社人気ランキング

海外FXボーナスキャンペーン新規口座開設につきましては“0円”になっている業者が大部分ですから、少し面倒くさいですが、複数の業者で開設し実際に売買をしてみて、ご自分にピッタリくるFX業者を選定してください。
ポジションにつきましては、「買いポジション」と「売りポジション」に類別されますが、このポジションと申しますのは、取り引きをしたまま約定しないでその状態を続けている注文のことを意味します。
本サイトでは、手数料であったりスプレッドなどを考慮した総コストにてFX会社をIBプログラムウェブサイトで比較した一覧を閲覧することができます。言わずもがな、コストにつきましては収益に影響を及ぼしますから、徹底的に確かめることが求められます。
デイトレードと呼ばれるものは、スキャルピングの売りと買いのタイミングをもっと長くしたもので、現実的には数時間から1日以内に決済を終えてしまうトレードを意味します。
「デモトレードを行なってみて利益をあげられた」と言われましても、実際的なリアルトレードで儲けを生み出すことができるかどうかはわかりません。デモトレードと言いますのは、いかんせん娯楽感覚でやってしまいがちです。

海外FXボーナスキャンペーン新規口座開設の申し込みを終了し、審査にパスすれば「ログイン用のIDとPW」が届けられるというのが一般的ですが、FX会社の何社かはTELで「内容確認」を行ないます。
スプレッド(≒手数料)については、それ以外の金融商品と比べても超格安です。明言しますが、株式投資の場合は100万円以上の売り買いをしたら、1000円くらいは売買手数料を払わされるはずです。
スイングトレードだとすれば、短くても数日から数週間、長い場合などは数ヶ月にも亘るような戦略になりますから、毎日のニュースなどを基にして、直近の社会状況を予測し投資することができるわけです。
レバレッジというのは、FXをやる上で当たり前のごとく使用されるシステムだとされていますが、注ぎ込める資金以上のトレードができますから、僅かな証拠金で大きな収益を得ることも可能です。
FXに関しての個人を対象にしたレバレッジ倍率は、何年か前までは最高が50倍だったことを考えたら、「今の時代の最高25倍は低すぎる」とおっしゃる人が見られるのも理解できなくはないですが、25倍でありましてもしっかりと収益を確保できます。

スキャルピングをやる場合は、極少の利幅でも欲張らずに利益を出すという考え方が大事になってきます。「更に上向く等という考えは排除すること」、「欲張る気持ちをなくすこと」が肝要になってきます。
そこまで高額ではない証拠金の入金で大きな「売り買い」が認められるレバレッジですが、望んでいる通りに値が動いてくれれば嬉しいリターンを獲得することができますが、反対になろうものならそれなりの損を出すことになるのです。
システムトレードにおいては、自動売買プログラム(EA)に即してテクニカルポイントがやって来た時に、システムがひとりでに売買をしてくれるというわけです。但し、自動売買プログラムについては利用者が選ぶことになります。
トレードに関しましては、一切合財面倒なことなく行なわれるシステムトレードではありますが、システムの見直しは一定期間ごとに行なうことが不可欠で、その為には相場観を身に付けることが重要になります。
レバレッジという規定があるので、証拠金がそれほど高額じゃなくてもその額の25倍までの売買に挑戦することができ、夢のような収益も想定できますが、その裏返しでリスクも高まるので、落ち着いてレバレッジ設定すべきです。

海外FX会社 比較おすすめランキング

-FX

Copyright© 海外FX業者 ランキング , 2020 All Rights Reserved.