海外FX業者 ランキング

1位XM 2位GEMFOREX 3位TITANFXで決まりかな!

海外FX業者 おすすめ人気ランキング

  • 人気度・総合力で選ぶならXM
  • 信頼度・実績で選ぶならXM・タイタンFX
  • 入金ボーナスが大きいのはGEMFOREX
  • 新規口座開設ボーナス狙いはGEMFOREX・XM
  • 超ハイレバレッジ口座ならGEMFOREX・XM
  • スキャルピングに最適なのはタイタンFX

(※各社のスペックやボーナスは変更になる場合もあるので詳しくは公式HPにてご確認下さい。)

海外FX業者口座開設比較ランキング第1位 XMトレーディング
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社xmtradingXMトレーディング口座開設

最大レバレッジ888倍。口座種別はスタンダード・マイクロ・ゼロと3種類。ゼロはボーナス適用外のECN口座。入金ボーナス枠の関係で新規口座開設する場合はスタンダード・マイクロがお得。ほとんどの方は新規口座開設でスタンダードを選択されています。入金不要の新規口座開設ボーナス3000円で利益が出れば出金可能。入金ボーナス・トレードボーナスなど多彩なボーナスを用意してくれている。海外FXと言えばXMと言うくらいの断トツ1位の定番FX業者。金融ライセンス有(セーシェル金融庁)。顧客満足度ナンバーワン。総合的にバランスが良く多くのトレーダーから支持を得ている。海外FX初心者からベテラントレーダーまで人気の会社。海外FXデビューするならこの会社。

XM公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第2位 GEMFOREX(ゲムフォレックス)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社GEMFOREXゲムフォレックス口座開設

最高レバレッジは1000倍。システムトレードに特化した海外FX業者で順調に口座開設数を伸ばしている海外FX業者。ミラートレードが簡単に出来たりMTのEAシステムトレードソフトが無料で使えたりする。新規口座開設ボーナスはデフォルトで10000円のボーナス証拠金がもらえ、増額キャンペーンで20000円以上に増額されたりする。新規口座開設ボーナスを狙うのなら20000円に増額された時を狙うのがいいですね。入金100%ボーナスも高額(抽選制)。過去には500万円入金に対して100%ボーナスを付与したりした実績あり。海外FX業者の中では数少ない国内銀行入出金完全対応で入金も出金もスピーディーで時間がかからない。金融ライセンス有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」)。おすすめの1社。

GEMFOREX公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第3位 TitanFX(タイタンFX)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社TitanFXタイタンFX口座開設

最大レバレッジ500倍。口座種別はスタンダード口座ブレード口座があり、ブレード口座(ECN口座外枠手数料制)が業界最狭レベルのスプレッドを誇り取引コストが小さくスキャルピングに最適。中級・上級のベテランのスキャルパーには強い支持を受け人気。残念ながらボーナス等の特典はないが、それを度返ししてもメイン口座として利用する価値は大。金融ライセンス登録有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」),バヌアツ共和国金融庁「VFSC」)。

TitanFX公式サイト(口座開設)

FX

システムトレードと呼ばれているのは…。

投稿日:

海外FX 口座開設 比較ランキング

評判の良いシステムトレードをリサーチしてみますと、他のFXトレーダーが立案・作成した、「ちゃんと収益をあげている自動売買プログラム」をベースに自動売買が為されるようになっているものがたくさんあることが分かります。
1日の内で、為替が大幅に変動するチャンスを見定めて取引するのがデイトレードというわけです。スワップ収入を意識するのではなく、その日その日に複数回取引を実行し、少しずつ利益を手にするというトレード法だと言えます。
チャート検証する際に外すことができないと明言されているのが、テクニカル分析なのです。このページ内で、諸々あるテクニカル分析法をそれぞれ事細かに説明いたしております。
MT4で動く自動トレードソフト(略称:EA)の開発者はいろんな国に存在しており、ありのままの運用状況であったり書き込みなどを考慮しつつ、更に実用性の高い自動売買ソフトを提供しようと競い合っています。
システムトレードと呼ばれているのは、人の思いだったり判断を排除することを狙ったFX手法だとされますが、そのルールをセットするのは人なので、そのルールがずっと通用するわけではありません。

FX口座開設の申し込みを済ませ、審査にパスしたら「IDとPW」が送られてくるというのが通常の流れだと言えますが、ごく少数のFX会社は電話を通して「必要事項確認」を行なっています。
チャートの時系列的変化を分析して、売買するタイミングを決めることをテクニカル分析というわけですが、この分析さえできるようになれば、売買の好機も理解できるようになること請け合いです。
テクニカル分析と言われるのは、相場の動きをチャートという形式で記録して、更にはそのチャートを解析することで、直近の為替の値動きを類推するという方法です。このテクニカル分析は、売買のタイミングを知る際に行なわれます。
スイングトレードだとすれば、いくら短いとしても数日間、長い時は数ヶ月というトレード方法になりますので、毎日流れるニュースなどを参照しながら、数ヶ月単位の世界経済の状況を想定し資金投入できます。
テクニカル分析をするという場合は、通常ローソク足で描写したチャートを利用することになります。見た目複雑そうですが、しっかりと読めるようになりますと、本当に使えます。

スワップポイントと呼ばれるものは、ポジションをキープし続けた日数分もらうことができます。毎日一定の時間にポジションを保有したままだと、その時点でスワップポイントが付与されることになります。
儲けを出すためには、為替レートが注文時のレートよりも良い方向に向かうまで待つしかないのです。この状態を「ポジションを保有する」と表現するのです。
ポジションについては、「買いポジション」と「売りポジション」の2種類がありますが、このポジションと申しますのは、売買したまま決済することなくその状態をキープし続けている注文のこと指しています。
スキャルピングという取引方法は、意外と推測しやすい中期から長期に及ぶ経済指標などは無視をして、勝つか負けるかわからない勝負を間髪入れずに、かつ可能な限り続けるというようなものだと思います。
デモトレードをやるのは、総じてFXビが初めてだと言う人だと考えられるかもしれないですが、FXのスペシャリストと言われる人も時折デモトレードを行なうことがあると聞いています。例えば新しく考案した手法の検証をする時などです。

海外FX 比較サイト

-FX

Copyright© 海外FX業者 ランキング , 2020 All Rights Reserved.