海外FX業者 ランキング

1位XM 2位GEMFOREX 3位TITANFXで決まりかな!

海外FX業者 おすすめ人気ランキング

  • 人気度・総合力で選ぶならXM
  • 信頼度・実績で選ぶならXM・タイタンFX
  • 入金ボーナスが大きいのはGEMFOREX
  • 新規口座開設ボーナス狙いはGEMFOREX・XM
  • 超ハイレバレッジ口座ならGEMFOREX・XM
  • スキャルピングに最適なのはタイタンFX

(※各社のスペックやボーナスは変更になる場合もあるので詳しくは公式HPにてご確認下さい。)

海外FX業者口座開設比較ランキング第1位 XMトレーディング
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社xmtradingXMトレーディング口座開設

最大レバレッジ888倍。口座種別はスタンダード・マイクロ・ゼロと3種類。ゼロはボーナス適用外のECN口座。入金ボーナス枠の関係で新規口座開設する場合はスタンダード・マイクロがお得。ほとんどの方は新規口座開設でスタンダードを選択されています。入金不要の新規口座開設ボーナス3000円で利益が出れば出金可能。入金ボーナス・トレードボーナスなど多彩なボーナスを用意してくれている。海外FXと言えばXMと言うくらいの断トツ1位の定番FX業者。金融ライセンス有(セーシェル金融庁)。顧客満足度ナンバーワン。総合的にバランスが良く多くのトレーダーから支持を得ている。海外FX初心者からベテラントレーダーまで人気の会社。海外FXデビューするならこの会社。

XM公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第2位 GEMFOREX(ゲムフォレックス)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社GEMFOREXゲムフォレックス口座開設

最高レバレッジは1000倍。システムトレードに特化した海外FX業者で順調に口座開設数を伸ばしている海外FX業者。ミラートレードが簡単に出来たりMTのEAシステムトレードソフトが無料で使えたりする。新規口座開設ボーナスはデフォルトで10000円のボーナス証拠金がもらえ、増額キャンペーンで20000円以上に増額されたりする。新規口座開設ボーナスを狙うのなら20000円に増額された時を狙うのがいいですね。入金100%ボーナスも高額(抽選制)。過去には500万円入金に対して100%ボーナスを付与したりした実績あり。海外FX業者の中では数少ない国内銀行入出金完全対応で入金も出金もスピーディーで時間がかからない。金融ライセンス有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」)。おすすめの1社。

GEMFOREX公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第3位 TitanFX(タイタンFX)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社TitanFXタイタンFX口座開設

最大レバレッジ500倍。口座種別はスタンダード口座ブレード口座があり、ブレード口座(ECN口座外枠手数料制)が業界最狭レベルのスプレッドを誇り取引コストが小さくスキャルピングに最適。中級・上級のベテランのスキャルパーには強い支持を受け人気。残念ながらボーナス等の特典はないが、それを度返ししてもメイン口座として利用する価値は大。金融ライセンス登録有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」),バヌアツ共和国金融庁「VFSC」)。

TitanFX公式サイト(口座開設)

FX

海外FX比較|スプレッドと称されるのは…。

投稿日:

海外FX レバレッジ比較

証拠金を納入して一定の通貨を購入し、そのまま保持している状態のことを「ポジションを持つ」と言います。それに対し、保持し続けている通貨を約定してしまうことを「ポジションの解消」というふうに言います。
スプレッドについては、FX会社それぞれまちまちで、ご自身がFXで稼ぐためには、「買値と売値の価格差」が僅少であればあるほど有利ですから、このポイントを念頭においてFX会社を決めることが大切だと言えます。
買う時と売る時の価格に一定の差を設けるスプレッドは、FX会社は勿論銀行でも異なる名前で設定されているのです。しかも恐ろしいことに、その手数料というのがFX会社の200倍くらいというところがかなり見られます。
スプレッドと称されるのは、FXにおける「買値と売値の差額」のことです。このスプレッドこそがFX会社を利用する時の経費だと言え、それぞれのFX会社次第でその設定数値が違うのが通例です。
海外FXボーナスキャンペーン新規口座開設が済めば、実際にFXの売買を行なわなくてもチャートなどを利用できますから、「先ずはFXに関する知識を頭に入れたい」などと言う方も、開設すべきだと思います。

FX会社をIBプログラムウェブサイトで比較する時に確認しなければいけないのは、取引条件です。FX会社個々に「スワップ金利」を始めとした諸条件が異なりますから、あなたの投資スタイルに沿うFX会社を、入念にIBプログラムウェブサイトで比較した上でチョイスしてください。
デモトレードをスタートする時は、FXに必要とされる証拠金がデモ口座(仮想口座)に、ご希望の金額分仮想通貨として入金してもらえます。
売買経験のない全くの素人だとすれば、結構難しいと思われるテクニカル分析ではありますが、チャートの変化をキャッチするためのパターンさえ把握してしまえば、値動きの判断が一段と簡単になるでしょう。
システムトレードでも、新規に売り買いするというタイミングに、証拠金余力が要される証拠金額を満たしていない場合は、新規に売り買いすることはできない決まりです。
FXがトレーダーの中で勢いよく拡大した大きな理由が、売買手数料がとても安く抑えられていることです。これからFXを始めようと思うのなら、スプレッドの低いFX会社を選択することも重要だとアドバイスしておきます。

スプレッドと言われるのは外貨を売買する際の価格差のことで、FX会社の収入になる売買手数料と同様なものですが、各社ごとに独自にスプレッド幅を設定しています。
「連日チャートを閲覧するなんてできない」、「大切な経済指標などを適時適切に目視できない」というような方でも、スイングトレードだったら全く心配する必要はありません。
テクニカル分析と言いますのは、為替の時系列的な値動きをチャートという形で表して、更にはそのチャートを踏まえて、直近の相場の値動きを読み解くというものなのです。このテクニカル分析は、いつ売買したらいいかを知る時に役に立ちます。
僅かな金額の証拠金で高額な「売り・買い」が認められるレバレッジですが、見込んでいる通りに値が動きを見せればそれ相応の儲けを手にすることができますが、逆の場合はそれなりの損を出すことになります。
FX取引に関しては、「てこ」がそうであるように少ない額の証拠金で、その額の25倍までの取り引きが可能になっており、証拠金と実際の取り引き金額の比率を「レバレッジ」という名前で呼んでいるのです。

海外FX レバレッジ比較

-FX

Copyright© 海外FX業者 ランキング , 2020 All Rights Reserved.