海外FX業者 ランキング

1位XM 2位GEMFOREX 3位TITANFXで決まりかな!

海外FX業者 おすすめ人気ランキング

  • 人気度・総合力で選ぶならXM
  • 信頼度・実績で選ぶならXM・タイタンFX
  • 入金ボーナスが大きいのはGEMFOREX
  • 新規口座開設ボーナス狙いはGEMFOREX・XM
  • 超ハイレバレッジ口座ならGEMFOREX・XM
  • スキャルピングに最適なのはタイタンFX

(※各社のスペックやボーナスは変更になる場合もあるので詳しくは公式HPにてご確認下さい。)

海外FX業者口座開設比較ランキング第1位 XMトレーディング
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社xmtradingXMトレーディング口座開設

最大レバレッジ888倍。口座種別はスタンダード・マイクロ・ゼロと3種類。ゼロはボーナス適用外のECN口座。入金ボーナス枠の関係で新規口座開設する場合はスタンダード・マイクロがお得。ほとんどの方は新規口座開設でスタンダードを選択されています。入金不要の新規口座開設ボーナス3000円で利益が出れば出金可能。入金ボーナス・トレードボーナスなど多彩なボーナスを用意してくれている。海外FXと言えばXMと言うくらいの断トツ1位の定番FX業者。金融ライセンス有(セーシェル金融庁)。顧客満足度ナンバーワン。総合的にバランスが良く多くのトレーダーから支持を得ている。海外FX初心者からベテラントレーダーまで人気の会社。海外FXデビューするならこの会社。

XM公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第2位 GEMFOREX(ゲムフォレックス)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社GEMFOREXゲムフォレックス口座開設

最高レバレッジは1000倍。システムトレードに特化した海外FX業者で順調に口座開設数を伸ばしている海外FX業者。ミラートレードが簡単に出来たりMTのEAシステムトレードソフトが無料で使えたりする。新規口座開設ボーナスはデフォルトで10000円のボーナス証拠金がもらえ、増額キャンペーンで20000円以上に増額されたりする。新規口座開設ボーナスを狙うのなら20000円に増額された時を狙うのがいいですね。入金100%ボーナスも高額(抽選制)。過去には500万円入金に対して100%ボーナスを付与したりした実績あり。海外FX業者の中では数少ない国内銀行入出金完全対応で入金も出金もスピーディーで時間がかからない。金融ライセンス有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」)。おすすめの1社。

GEMFOREX公式サイト(口座開設)

 

海外FX業者口座開設比較ランキング第3位 TitanFX(タイタンFX)
海外FX会社評判評価口コミ星5つ評価(5/5)
海外FX会社TitanFXタイタンFX口座開設

最大レバレッジ500倍。口座種別はスタンダード口座ブレード口座があり、ブレード口座(ECN口座外枠手数料制)が業界最狭レベルのスプレッドを誇り取引コストが小さくスキャルピングに最適。中級・上級のベテランのスキャルパーには強い支持を受け人気。残念ながらボーナス等の特典はないが、それを度返ししてもメイン口座として利用する価値は大。金融ライセンス登録有(ニュージーランド証券投資委員会「NZFSP」),バヌアツ共和国金融庁「VFSC」)。

TitanFX公式サイト(口座開設)

FX

海外FX比較|スプレッドと呼ばれている“手数料”は…。

投稿日:

利用者の多い海外FX会社ランキング

スキャルピングに取り組むつもりなら、少しの利幅でも確実に利益を確定するという心構えが肝心だと思います。「もっと値があがる等という思い込みはしないこと」、「欲は排除すること」が求められます。
デイトレードに関しましては、どの通貨ペアをセレクトするかも肝要になってきます。正直言いまして、値幅の大きい通貨ペアの売買をしないと、デイトレードで収益をあげることは不可能でしょう。
現実的には、本番トレード環境とデモトレード環境を比べますと、前者の方が「毎回のトレードあたり1ピップス程収入が減る」と考えた方が賢明かと思います。
MT4に関しては、古い時代のファミコンなどの機器と同じようなもので、本体にソフトを差し込むことで、ようやくFX取引を始めることができるのです。
デモトレードを有効活用するのは、総じてFXビが初めてだと言う人だと考えられがちですが、FXのエキスパートと言われる人もしばしばデモトレードを使うことがあるそうです。例えば新しく考案したトレード手法の検証をする場合などです。

FX取引においては、「てこ」同様に少ない額の証拠金で、最大25倍もの取り引きが可能だというルールがあり、証拠金と実際の取り引き金額の割合を「レバレッジ」という名前で呼んでいるのです。
まったく一緒の通貨でありましても、FX会社それぞれで付与されることになるスワップポイントは違ってくるのです。FX関連のウェブサイトなどでちゃんとリサーチして、なるべくお得になる会社を選択しましょう。
スワップポイントにつきましては、「金利の差額」だと言われていますが、現実にもらえるスワップポイントは、FX会社の儲けである手数料を相殺した額ということになります。
スイングトレードの特長は、「絶えずPCの取引画面の前に陣取って、為替レートの変動に一喜一憂しなくて良い」という部分だと言え、仕事で忙しい人に適したトレード法だと考えられます。
レバレッジと言いますのは、投入した証拠金を頼みに、最高でその額の25倍の「売り買い」ができるという仕組みを指します。例えば50万円の証拠金で20倍のレバレッジをかけるということにすると、1000万円ものトレードができます。

ここ最近のシステムトレードを見回しますと、ベテランプレーヤーが立案した、「一定レベル以上の利益を生み出している売買ロジック」を基本として自動的に「売り・買い」が為されるようになっているものが多いように感じます。
買う時と売る時の価格に少々の差をつけるスプレッドは、FX会社に限らず銀行においても別の名前で導入しています。しかもびっくりするでしょうが、その手数料というのがFX会社のおよそ200倍というところが稀ではありません。
スプレッドと呼ばれている“手数料”は、通常の金融商品と海外FX業者おすすめ比較ランキングで比較してみましても、飛んでもなく安いことがわかります。はっきり言いますが、株式投資の場合だと100万円以上のトレードをしたら、1000円程度は売買手数料を払うのが普通です。
FXで使われるポジションと言いますのは、保証金とも言える証拠金を口座に入れて、南アフリカ・ランド/円などの通貨ペアを売買することを言うわけです。余談ですが、外貨預金にはポジションという概念は見当りません。
FX会社各々に特色があり、メリットもあればデメリットもあるのが常識なので、初心者の人は、「いずれのFX業者でTITAN口座開設した方が賢明か?」などと戸惑うのではありませんか?

人気の海外FXランキング

-FX

Copyright© 海外FX業者 ランキング , 2020 All Rights Reserved.